JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
goodsmileに今すぐ質問する
goodsmile
goodsmile, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 151
経験:  認定内科医です
99072818
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
goodsmileがオンラインで質問受付中

インフルエンザの診断書について質問します・ 経緯~2月8日に地元病院にてインフルエンザBと診断されましたー医師A

ユーザー評価:

インフルエンザの診断書について質問します・
経緯~2月8日に地元病院にてインフルエンザBと診断されましたー医師A
2月14日夜に38.1度熱が出る
2月15日同じ病院にて受診、インルエンザ検査を希望して陰性ーB医師
2月16日妻の具合が悪く同じ病院受診する。インフルエンザB陽性と出るーA医師会社からは病気休暇とするならば診断書をもらってきてください。B医師は診断書なんて出せませんよ。????何とか会社に出したいのです・定型文でよろしいのでお願いしますじつはA医師は、会社に出勤する際に完治したという診断書をお願いしますと言うと、きっぱりそんなの出せません。定型文を発行してもらうーインフルエンザB型
上記診断のため、平成30年2月7日より五日間、かつ解熱後2日間の自宅療養が望まれる。会社にて~本部担当者に定型文を精査していただきましたところこれで良いですと言われ安堵する本部担当者は、さらに17日まで休まれたのなら、17日まで療養が望まれると記載されていれば17日まで休めますここで質問します=AB医師ともに診断書を出すのに躊躇されています。私は明日同じ病院へ受診して、定型文の訂正をお願い奉る気持ちです、、、、、アドバイスをお願いしますす明日の医師は別のC医師になると思います=曜日により担当医師が代わります

こんにちは医師のgoodです。医師が診断できるのはインフルエンザ発症後、解熱2日、発症後5日の自宅療養の指示が可能です。

なので、最初の定型文は問題なくだせたでしょう。その後の、14日から17日までの状況に関しては、インフルエンザ陰性であり、特定の療養を指示する診断書を作成する事は困難でしょう。インフルエンザは感染性が高く、社会的にも療養を支持する風潮があります。一方でただの感冒であれば、合理的に自宅療養を必要とする医学的根拠にかけるからです。

食事が食べれない、酸素投与が必要、入院が必要な状況であれば、診断書は書いてくれるとおもいますが、風邪を引いただけというだけで、医師に自宅療養を必要とする書類を作成させるのは困難でしょう。場合によっては、医師も公文書偽造などの責任を問われてしまう可能性もあると思います。

奥様が質問者様と日がずれて発症されたのはおそらくインフルエンザの潜伏期間によるずれであると思います。よって、今回の14日からの熱?に関してはインフルエンザ陰性であり、インフルエンザの診断書、定型文を書いてもらうことは医学的根拠にかけ、残念ながら非合理的な可能性があるかもしれません。よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます -先の質問、疑問を記載ひとつ忘れしてしまいましたことがあります。2月7日からというのは2月8日では無いでしょうか?8日受診のさいに7日の夜に熱が出たと申告しました、インフルエンザ検査は8日に行われてB型となりました。。。。8日から自宅療養と診断書の訂正はなりますか

インフルエンザ検査は通常発症後12-24時間で陽性化します。よって、8日に陽性として出たのであれば、おそらくその12-24時間前が発症時間になると思います。よって、7日の時点で多少なりの違和感や倦怠感があったのであれば、7日から5日間という診断書を医師は作成する事になると思います。ご検討よろしくお願い申し上げます。

goodsmileをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問