JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
goodsmileに今すぐ質問する
goodsmile
goodsmile, 内科医
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 148
経験:  認定内科医です
99072818
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
goodsmileがオンラインで質問受付中

C型肝炎治療で、17年前インターフェロン治療をしましたが、完治せず、2年前の診察で肝硬変と診断を受け、週3回キョウミノ注

ユーザー評価:

C型肝炎治療で、17年前インターフェロン治療をしましたが、完治せず、2年前の診察で肝硬変と診断を受け、週3回キョウミノ注射40と20を2本、飲み薬はリーバクト配合顆粒、4.15g、AJ-601とモニラック・シロップ65%20mlを1日三回です。本来は、C型肝炎ウィルス治療のために受診したのですが、主治医からは、「数値が・・もう少し良くなれば、治療薬の保険申請できるのですが・・」私としては、全額実費でも構わないのですが、患者負担費用の申請の為だけで、新薬ウィルス治療が出来ないのか?現在の検査状況では新薬治療出来ないのか?ちなみに、GOT-76 GPT-87 ALP-410 r-GTP-94 NH3-70です。

こんにちは医師のgoodと申します。ご心配の事と思います。

かつてはインターフェロンで完治もぎりぎりであったC型肝炎ですが、新薬の登場で治療は激変しました。

主治医がおっしゃった治療は以下の「インターフェロンフリー」の治療薬と思われます。

http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/c_gata.html

また、治療適応についてですが、肝硬変は代謝性→非代謝性へ慢性進行していきますが、インターフェロンフリーの治療は非代謝性の肝硬変については、推奨されていない状況です。

以下のサイトをご確認くださいhttps://www.jsh.or.jp/files/uploads/%E8%B3%87%E6%96%991_C%E5%9E%8B%E6%85%A2%E6%80%A7%E8%82%9D%E7%96%BE%E6%82%A3%EF%BC%88%E3%82%B2%E3%83%8E%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%971%E5%9E%8B%E3%83%BB2%E5%9E%8B%EF%BC%89%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88_v5.4.pdf

おそらく、質問者様の状況は、現在代謝性と、非代謝性肝硬変の間の状況と考えられます。肝臓の状態をよくして、代謝性といえる状況になったところで、抗ウイルス治療の投与を開始したいと、主治医は考えているところかと思います。

また、薬価に関してですが

たとえば1型C型肝炎の治療の代表として、ハーボニー錠の内服を12週間行うという治療があります。非常に効果的ですが、新薬であり、薬価が非常に高額です。1錠5万円もします。

これを48日間毎日内服しますので、保険適応にならないと、240万円の自費治療になってしまいます。

ハーボニー 薬価について

http://yakka-search.com/index.php?key=6250107F1026&stype=9

また、保険適応として使用しないことのデメリットとしては、薬の副作用が出た際に、きちんと適応と判断されていれば、副作用を薬害として補償される可能性がありますが、完全に自己負担の適応外ですと、副作用についても、自己責任という形になってしまいます。もちろんこれらの副作用に対して適切な医療を受ける事は通常どうりにできますが、製薬会社からの薬害などの認定を受けれる可能性はまずなくなってしまうでしょう。こういったことを総合的に考えると、適応になるまで治療で経過を見て、きちんと保険適応下で保険を使って、安全に治療したいといのが主治医のご意見ではないかと愚測いたします。

ご検討よろしくお願い致します。

以下参考サイトですが肝炎情報センターのサイトアドレスを添付します。

http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/c_gata.html

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
26089;速、有難う御座いました。
5社の会社経営を、30年間各社の代表を務め、毎日、暴飲暴食の日々でした。今回の診断でM&Aで各社を手放し、治療に専念する覚悟ですが、いざとなれば、毎日が暇で変なストレスがたまり、今年から農業会社の経営して、農作業を行う毎日です。すいません、関係のない話で…主治医と治療方針を聞かせて頂き?があれば、また、ご相談したいと思います。

ご連絡ありがとうございます。現在C型肝炎は昔のインターフェロンの完治率60%台の時代を超えて、治癒率90%をただき出すまでに、治療が進歩しております。

実生活でお忙しいそうですが、しっかりと療養されて、抗ウイルス治療を行う事ができれば、治癒も十分目指せると思います。このサイトは評価後も追加質問はできますので、大変恐縮ですが質問欄の右上より☆で回答に対する評価を一度お願いできましたら幸いです。一週間たっても、追加での質問は行えますのでその際は通知が入りますのでお答させて頂きます。よろしくお願い致します。

goodsmileをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問