JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 内科
満足したユーザー: 4225
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 内科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

嚥下訓練を積極的に実施している施設・病院への転院を希望しています。

ユーザー評価:

嚥下訓練を積極的に実施している施設・病院への転院を希望しています。
75才女性、要介護5、69歳の時くも膜下出血の為右半身麻痺、失語症、胃瘻造設、
水頭症発症の為チュープ挿入済、合併症に糖尿病あり(今はほぼ完治)
今現在いる施設では、嚥下訓練などを積極的に実施してくれないので
ここ一年でどんどん弱くなってしまい、今年に入って既に2回肺炎で
入院を余儀なくされています。少しでも嚥下機能の改善を図りたく、
言語聴覚士のいる施設や病院などに転院したく思っております。
誤嚥性肺炎のリスクがあるので、転院などはおすすめされない方が多数だと思いますが、
このまま諦めたくありません。何かいい方法をお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか?

次のサイトの中の近くの機関に電話をかけて相談されてはどうかと思います。https://www.jsdr.or.jp/consult/

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。
相談後、病状が悪化し病院に行くと大腿骨骨折と貧血が判明しました。
本日手術が終わり、2.3週間で退院予定です。一旦、リハビリ病院に転院になるのですが、その際、骨折以外のリハビリはにしてもらえないのでしょうか?急性期などの仕組みがよくわからないので、教えて頂けると嬉しいです。
それにともない、大阪で評判のリハビリ病院がありましたらご教示下さい。宜しくお願い致します。

骨折以外のリハビリもしてもらえると思います。嚥下リハビリのできる病院と考えると千里リハビリテーションリハビリテーション病院がいいのではないかと思います。http://www.senri-rehab.jp/急性期リハビリテーションは廃用症候群」の防止・軽減で廃用症候群とは寝たきりによる床ずれ、筋萎縮、関節拘縮、廃用性骨萎縮、起立性低血圧、精神的合併症、括約筋障害などで長期に渡り安静にしていることで起こる様々な弊害です。治療の早い段階で体を動かすことで、これらの廃用症候群になることを防げることができます。

Dr_GATOをはじめその他名の内科カテゴリの専門家が質問受付中

内科 についての関連する質問