ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida, 弁護士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 1868
経験:  家電量販店や不動産販売仲介業者での勤務を経て、平成27年に司法試験合格。令和元年に個人事務所を開設。債権回収事件や不動産事件、男女間トラブルなど、幅広い分野での担当経験あり。
113504086
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

とあるスクールに通っていたのですが、先生の感情的な理由で辞めることになりました。それはまだ良いのですが、その際にメールで

ユーザー評価:

とあるスクールに通っていたのですが、先生の感情的な理由で辞めることになりました。それはまだ良いのですが、その際にメールで「○○ダンス、各古典舞踊の講師の方々や関係者に相談をさせて頂き、学ぶ心が無いと一同で判断を致しました。
この様お考えをお持ちのあなたには踊りを学ぶに相当しないという結果に至りました。」など一方的に身に覚えのないことを言われました。これは脅迫罪にあたりませんでしょうか。私は決して恥じるような行いは一切してないのに、心外でなりません。それでも私は辞めたあと独学で続けてきましたが、やはりこの件がひっかかり、ショー出演する際のほかのお店などにも気まずい状況が続き、なおかつ同じジャンルで活動してるので精神的に苦痛を感じております。4年前のけんではありますが、訴えることはできませんでしょうか。よろしくお願い致します。
脅迫罪とは生命身体財産に危害を加える旨の告知を言います。今回の発言だけでは脅迫罪となる可能性は低いでしょう。
他の言動から違法行為と認められたとしても損害賠償請求は3年で時効となります。
従って、すでに時効になっている可能性が高いといえます。
そのため訴えが認められる可能性は低いことになります。
ご参考にしていただければ幸いです。
ご参考になりましたら星の評価をしていただければ幸いです。
machidaをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございました。

特許・商標・著作権 についての関連する質問