ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 1356
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

人形作成してる中国のサイトですが写真から何種類かの既存の人形一番近い顔に化粧して売ってますが、これは肖像権

ユーザー評価:

人形作成してる中国のサイトですが写真から何種類かの既存の人形一番近い顔に化粧して売ってますが、これは肖像権 著作権の侵害に当たる恐れはありますか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 三重県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: https://www.oldoll.com/product-p1508440.html  これがそのリンクです

知的財産権を専門とする者です。

化粧をした人形から元の人形(写真の人形)を直接感得できる場合には、翻案となり、著作権のうちの翻案権の侵害となり(著作権法27条)、その化粧をした人形をネットに掲載し、販売しますと、著作権のうちの公衆送信権及び譲渡権の侵害となります(同法23条、26条の2第1項、28条)。

この翻案とは、原著作物(写真)に依拠して、原著作物に変更を加えたもの(化粧の人形)から、原著作物の本質的特徴を直接感得(直感のようなこと)できる場合をいいます。

そのため、改変の度合いを大きくした場合には、翻案ではなく、別個の新たな著作物となり侵害にはなりませんが、中途半端な改変は翻案となり、侵害となります。場合によっては複製となるかもしれません。

本件の化粧をした人形は、それから元の人形(写真)を直接感得される可能性は否定できないものと推察されますので、翻案になる可能性があろうかと思われます。

patent777をはじめその他2 名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
12381;の言葉が欲しかったので大変満足です。ありがとうございます

特許・商標・著作権 についての関連する質問