ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
行政書士Mに今すぐ質問する
行政書士M
行政書士M, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 404
経験:  Expert
113803217
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
行政書士Mがオンラインで質問受付中

広告の類似性について質問させていただきます。

ユーザー評価:

広告の類似性について質問させていただきます。現在某広告賞に作品をエントリーする予定です。先日作品が完成し、作品を出品する前に何気なく他の広告賞の過去作を検索して眺めていたところ、私が作った作品とどこか類似している作品を見つけました。この作品と私の作品が類似していることに関して何か問題にならないかどうかを以前ここで質問させていただいたところ、弁護士の方に過去の作品を翻案して制作していないことから著作権侵害には当たらないことを教えていただき一定の不安は取り除かれたのですが、広告やデザインに関する著作権を自分なりに調べてみたところ、過去に本質的特徴部分に共通点があることから著作権侵害が肯定された事案が少なからずあることがわかりました。そこで質問なのですが、翻案であるなしの関わらず、二つの作品の間に本質的特徴部分が認められれば、それは著作権侵害に当たってしまうのでしょうか?それとも、過去に著作権侵害が肯定された事案は全て翻案であることがわかっているために問題化してしまったのでしょうか?それがわからないため、翻案ではないと言い切れる作品であっても出品することを少し躊躇ってしまいます。この点についてご意見を伺えれば大変助かります。また可能であれば、両作品を見ていただき、本質的特徴部分の共通点についてもご意見を伺えれば幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

はじめまして。

知財系に強い行政書士です。

著作権のみを問題にするのであれば、独自に著作したものが、仮に第三者の著作物とそっくりであっても、それは著作権侵害にはなりません。

模倣や翻案といった他人の著作物をベースに作成した場合は、著作権侵害の可能性が出てきます。

ですから、ご自身が、まったく何も参考にして作ったのではないという自信があるなら、弁護士さんのコメント通り気にしなくてよいと考えます。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;返信ありがとうございます。お二人の専門家の方からご意見を伺うことができ大変嬉しい限りです。重ねて御礼申し上げます。最初の質問にも書かせていただいたのですが、過去に広告やデザインに関して本質的特徴部分に共通点があることから著作権侵害に当たってしまったケースをいくつか知ったのですが、それらのケースは翻案であったためと考えてよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 11 日 前.
26377;名な事案ですと「みずみずしいスイカ写真事件」などです。

そうですね。ケースによって異なるかもしれませんが、翻案も含まれると思いますし、完全なコピー(模倣)もあるでしょう。いずれにしても、ある素材=著作物があって、それを、翻訳、編曲、変形、脚色、映画化、その他翻案する(著作権法27条)に該当することを行えば、権利侵害となると思います。

「みずみずしいスイカ写真事件」においては、東京高裁は、被告が、原告の写真に依拠しない限り、到底、被告写真を撮影することができなかったとまで断じています。 (https://forbesjapan.com/articles/detail/37958/4/1/1)

質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;返信ありがとうございます。私の作品は間違いなく翻案ではないためその点に関しては大丈夫そうで安心しました。ご回答ありがとうございました。最後に一点だけお願いがございます。翻案ではないため類似していようがいまいが著作権的な問題はないことは明快ということは十分理解した上での質問で、大変恐縮なのですが、私の作品と過去の受賞作の両作品を見ていただき、類似性という観点から見た場合、両者に本質的共通点があるかどうかなどのご意見を伺えないでしょうか?もちろん、保証等は全く必要ありませんし、人によって見解が相違することは十分承知しております。もしそのようなご意見を伺うことが難しければ断っていただいても構いません。ご意見を伺っても構わないようでしたらご返信の後に二つの画像をお送りします。ご回答お待ち申し上げております。

はい、後学のために送っていただけますか?

質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;返信ありがとうございます。すぐお送りいたします。
質問者: 返答済み 11 日 前.
12383;だいま2つの作品をアップロードしました。過去作は画面中央に「いいい。」と書いてある作品で、私の作品は画面全体に「い!」と書いてある作品です(商品画像と商品ロゴの部分は空白にしてあります)。少々解説しますと、過去作の「いいい。」と書いてある作品は胃薬の広告で「いい胃。」という表記を全てひらがなにした作品だそうです。私の作品は某食品メーカーの広告で「うまい!」や「冷たい!」など、その食品を口にしたときに感じるさまざまな形容詞としての「◯◯い!」を「い!」の1文字に集約した作品となっています。最初に過去作を見て感じたことは、文字数は違えど、ひらがな1文字、それも「い」だけで広告を語っている点が似ていることや、白い背景に黒い文字など、共通点が多数あるように感じています。もちろん相違点もたくさんありますが、ひとまず両者を見ていただいた上でご意見を伺えれば幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

拝見いたしました。

「いいい。」は創作性があまり認められず、「い!」の方が創作性はあると感じます。

書道の書は勿論著作物ですが、タイプフェースには著作権が及びませんので、「いいい。」は、下の「いい胃になろう太田胃散。」の文字がないとそもそも著作物か否かは疑問があります。

質問者: 返答済み 11 日 前.
36020;重なご意見ありがとうございます。質問ばかりで恐縮なのですが、当方の作品の方が創作性があるとのことですが、それは具体的にどういうことなのでしょうか?

はい、「い」という文字の躍動感を感じました。

また、「!」も含めて、全体的に紙面から飛び出してきそうな感じで、見る人を圧倒する迫力があります。

従って、創作性が高いものと思います。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます。その点が私の作品に創作性がある所以で、過去作の方にはそれらが認められないため、両者の作品に関しては本質的特徴や類似性という意味では異なるという理解でよろしいでしょうか?

はい、私はそのように思います。

行政書士Mをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;回答ありがとうございます。なんとか不安も晴れ、これで安心して広告賞に応募できると思います。長い時間お付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

はい。がんばってください!!

特許・商標・著作権 についての関連する質問