ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 1309
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

実用新案・無効審判・利害関係者の成立要件(警告)】 お世話になります。

ユーザー評価:

実用新案・無効審判・利害関係者の成立要件(警告)】
お世話になります。
無効審判を請求できるのは利害関係者と承知をしています。利害関係者の成立要件(警告)に関して、警告の内容に関してどのような内容が含まれていればよいのでしょうか?
ご質問ありがとうございます。
警告を受けた人は、その事実だけで利害関係人となりますので、質問者はすでに利害関係人であると思われます。
質問者: 返答済み 8 日 前.
22238;答ありがとうございます。では、警告を受けたことにより、相手からの技術評価書の提示のない場合であっても無効審判請求をすることは可能と考えてよいですか?
評価請求書の提示がなくても構いません。
patent777をはじめその他3 名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございます。

特許・商標・著作権 についての関連する質問