ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 6737
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

昨日、プロバイダから情報開示請求があったので同意するかしないかという書留が届きました。当方がファイル共有ソフトでアニメ動

ユーザー評価:

昨日、プロバイダから情報開示請求があったので同意するかしないかという書留が届きました。当方がファイル共有ソフトでアニメ動画をアップロードしていたのが著作権を侵害しているという旨でした。この場合はどうしたらよいでしょうか?当方はアップロードをしたという認識はありませんでした。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 福井県dす
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 今のところはありません、お願いいたします。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

発信者情報開示請求に係る意見照会書は、開示請求をしてきている相手に対して、ご相談者様の情報を開示しても良いか否かの意思確認をする書類です。

ご相談者様が開示を許可した場合にはプロバイダ側はご相談者様の同意に基づいて情報を相手に開示します。

拒否した場合にはそれを踏まえて開示するかどうかをプロバイダ側が判断します。

なお、プロバイダ側で任意開示を拒否したとしても、相手は裁判手続きで開示を求めることが可能であり、裁判所が開示を命じる判断をすれば、ご相談者様の意思に拘らず情報は相手に開示されます。

ito-gyoseiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問