ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 242
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

先ほどは、ありがとうございます。 訂正・確認・質問です。 ① 「決心」ではありません。「結心」です。 ②

質問者の質問

先ほどは、ありがとうございます。訂正・確認・質問です。① 「決心」ではありません。「結心」です。② 登録商標保有者(以下甲)のHP: https://j-aiding.com/jewelry.html  弊社HP:http://www.heart-ai.info/brand_yuimi/   「結心」は同じですが呼称が違います。 商品は100%類似します。③ 営業地域について、弊社は九州、甲は関東ですが、甲のHPでは店舗がないため通販を主体としていると思われますがそれも定かではありません。甲の「結心」というブランドをどのようにして展開していくのかがわかりません。直販売なのか、卸なのか?(問い合わせで質問する訳にもいかないです。)④ 商標法32条を基本に警察に相談してみようかと思います。
理由: ❶甲のブランド展開の実態が不明、「結心」であったり、「J.AIDING & Co.」のブランド名で企画販売をしているとなっているが、詳細がない。
❷担当の弁理士は、特許出願も手掛けており、商標法32条を知らない訳ではない。
「指輪 結心」で検索した場合弊社、郡山の店舗はトップページにいくつか出てくる。 出願時(31年)に知らない訳がなく当然競合は承知している。 32条が該当することを承知で警告してきたという事は「恐喝」に該当するのではないか?
甲のHPが余りにも具体性に欠け、同類(商標)を盾にした行為を多発していると思われる。
⇧ここ(ブランド展開の商品が少なすぎる)が⑤の疑問です。
更に、HPに掲載された商品が一般的過ぎて特徴がなく、ブランド展開できるものではない。ダミーと推測してます。⑤32条の具体例とありましたら、教えて戴きたい。宜しくお願いします。
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 13 日 前.

これ以上はご説明することはございません。

特許・商標・著作権 についての関連する質問