ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 2019
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

個人事業主のデザイナーです。

ユーザー評価:

個人事業主のデザイナーです。過去に契約書を交わさず受注した、学会のポスターデザインのお仕事の著作権の件でご相談させて頂きます。基本的に著作権は制作者の私に帰属すると思うのですが、ポスターのパーツを、学会内のプレゼンで動画として使う為全て個別に書き出して送る様言われました。渡したのは、加工ができない最終段階まで施したjpgとpsdデータです。その後コロナで延期になった為、大幅な修正と修正した分のパーツ代を別途請求しました。ショートメールでのやり取りで、以下添付の写真の様に条件を伝えました。請求書には、著作権譲渡とは書かずにパーツ譲渡と書きました。パーツを渡したので、受注先が勝手にバナーを作った様です。このやり取りをする前のバナーは、最初は受注先がパーツを使って作っていたものを私が別途バナー代を貰い作り直しました。(著作権云々というより、デザインの質上の話の流れで)コロナ変更後には、バナーは私が作ったものでは無いものが今学会のサイトに掲載されています。このメールのやり取りからすると、口頭でな無い為著作物を譲渡した事になってしまいますか?それとも、請求書には著作権と書かずにパーツ譲渡と書いたので、未だに著作権は私に帰属しますか?そうした場合はバナーを勝手に作られるのは著作権侵害となると思います。曖昧な表現でやり取りしてしまって後悔しています。どうかご検証の程、宜しくお願い致します。

著作権譲渡になるので、と貴方がやり取りの中で言っていることもありますが、メール等のやり取りだけですと、相手にしっかりと譲渡の意思を伝え、相手も譲渡の意思を受け、そこに何らかの取り決めをしていると言えませんので、やはり著作権譲渡は双方同意の上、書面ですべきですし、書面でしないと今回のようなことだけでは譲渡してしまっているという状態とは言えないかと思います。請求書に著作権と書かずにパーツ譲渡と書いたことにはかかわらず、現時点ではまだ貴方に著作権が帰属していると解釈していいかと思います。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;回答ありがとうございます。それでは、現段階での私の制作物ではないバナーの使用を、私が制作した物を使用する様に促す事はできるのでしょうか。パーツが飽和状態的に使われるのは、金銭面というよりは制作者として侵害です。

ご返信ありがとうございます。そうなのですね。相手との交渉で可能でしょうから、直接交渉にて貴方の作成した物の使用に促すようにし、事後(交渉が終わった後に内容を書面に二超すという形でもいい)でもいいのでそれもまた、交渉で決めたことについては書面に残しておくといいかと思います。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26360;面というのは、契約書の事ですか?もう納品しているプロジェクトなので、追記の様なものでしょうか。

交渉の内容を契約書にするというわけではなく、議事録のような形で、口頭でした約束を書面に残しておくということです。その書面には、相手にも確認してもらい、サインや署名捺印をしてもらうことです。ないとは思いますが裁判になった際には書面の記録があることで証拠となりうるということもあります。

low-counselorをはじめその他2 名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12394;る程です!無知で申し訳ございません。議事録で調べてみますね!とても勉強になりました。ありがとうございます。

特許・商標・著作権 についての関連する質問