ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 973
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

個人事業主のデザイナーです。

ユーザー評価:

個人事業主のデザイナーです。初めて仕事を受注した時に、知り合いからというのもあり、契約書を交わさず3件程案件を貰いました。デザインの中身を一つずつ書き出して送ってくれや、永遠に終わらない修正に困りました。又、もう納品しているものに関しては基本的には著作権は作者のデザイナーが持つ様なので、自身のWEBサイトに実績として載せたいと思っています。ただその旨を伝えると、何とも言えないとの答えが返って来てしまいました。①契約書が無い為載せても問題ないと思うのですがどうするのが最善でしょうか。② 又、次回からは契約書を交わそうと思いますが、過去の案件に対する契約書をこれから交わす事は可能ですか?ご回答の程宜しくお願い致します。

知的財産権を専門とする者です。

著作権は著作者に原始的に帰属します(著作権法17条1項)。

著作者とは著作物(本件ではデザイン)を創作した者をいいます(同法2条1項2号)。そのため、デザイナーである質問者様が著作者となり、原始的に著作者人格権および著作権を有します。

契約により、著作権を相手方に譲渡する旨の取り決めをしていない限り、そのデザインを自身のサイトに掲載することに関しましては、問題はございません。

契約の効果は、契約した時点以降となりますので、過去の案件に対する契約をしてもその効果は遡及することはないものと思われます。

質問者: 返答済み 18 日 前.
20363;えばコロナで延期になった日付の変更の追加などに関しても過去のものなので無償で対応するしかないのでしょうか。先程お伝えし忘れて申し訳ございませんが、ご返信宜しくお願い致します。

当初、予定していなかった事態の発生など不可抗力の場合には、当事者で相談の上決めることになろうかと思われます。

patent777をはじめその他2 名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 18 日 前.
25215;知しました。とても参考になりました。話し合ってみます。
丁寧で迅速なご対応ありがとうございます。

特許・商標・著作権 についての関連する質問