ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 971
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

以前も質問をさせていただきましたが、少しだけ記憶違いがありまして、質問を改めて行なっています。

ユーザー評価:

以前も質問をさせていただきましたが、少しだけ記憶違いがありまして、質問を改めて行なっています。
アメリカにて、数年前に絵を書きました。1:その絵を、服にして「既に」販売を行っています(写真に残したデータを使用)
2:絵のアイデアや描いたのは「ほとんど」私です
3:しかし、他の人たちが多少アレンジを行なっています(数センチほど色を変えた)
4:その他の人たちとは連絡が付かない状態になっています
5:その絵画が消されたか否かはわかりません
6:その後、私が(かろうじて残っていた絵のデータに)大きく修正を加えて、
服にプリントをして販売をしています。その「修正の際に」サインを下に加えています。
7:客観的に、元の絵を「私が描いた」という証拠は私にはありません。
8:大きく修正をしたのは私です。
9:他の人がその元の絵のデータを持っているか否かは不明です。(連絡がつかないため)このケースにおいて、修正前若くは
修正後の絵画自体の著作権は私にあり
他の人(アレンジを加えた人)から「著作権侵害」と叫ばれた場合でも
私に修正前若くは修正後の絵画の著作権があると認められるのでしょうか。また、修正前若くは修正後の絵画に対して「著作権侵害」と叫ばれる前に
何か対策をすることはできるのでしょうか。

知的財産権を専門とする者です。

修正前及び修正後の絵を描いたのは質問者様ですので、質問者様が著作者となり、著作権を有していることは間違いがございませんが、それを証明するための証拠が必要となります。

その絵のデータについて公証役場で公正証書としてもらうなど客観的な証拠とすることで、少なくともそれ以降はその絵のデータが質問者様のものであることを証明するための証拠とできます。

ただし、それ以前は、何か創作した日付を確定できる証拠がなければ立証することが難しいものと思われます。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問