ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 946
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

退部したスポーツ少年団の指導者のラインの壁画に集合写真が載っていてその方にはすごく傷つけられ、しまいには壁画に私たち親子

ユーザー評価:

退部したスポーツ少年団の指導者のラインの壁画に集合写真が載っていてその方にはすごく傷つけられ、しまいには壁画に私たち親子が混ざっている集合写真がのっていて不愉快です。訴える事はできますか??
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: スポーツ少年団とはいろいろとトラブルがありました。私も精神科に通うほど、追い詰められましたが、法的に訴えられないと他の弁護士に回答を受けました。今回は肖像権に関してはどうかなと思いこちらで相談できたらと思い質問してみました。
知的財産権を専門とする者です。
肖像権侵害の可能性はあろうかと思われます。
詳細につきましては、14時頃に回答させていただきますことご了承下さい。

肖像権とは、自身の肖像(容姿や姿態)をみだりに利用されたり、公開されたりしない権利のことを指します。

この肖像権は、著作権における著作権法のように、法律上では明文化されていませんが、憲法13条の幸福追求権から解釈上認められる権利となります。そして人格権としてのプライバシー権と財産権としてのパブリシティ権があります。

このうち、プライバシー権と申しますのは、私的な情報をみだりに知られないようにする権利であり、普通に生活をしている人である以上は皆さんがプライバシー権を持っていることとなります。これに対して、パブリシティ権と申しますのは、芸能人やスポーツ選手などの著名人が有するは経済的な利益を産む力のことであり、これを顧客吸引力といい、この顧客吸引力を持つ人物の肖像や氏名を独占的に利用できる権利のことを指します。そのため、これといって著名な活動をしていない人には顧客吸引力はないので、パブリシティ権はなくプライバシー権のみになります。

そのため、質問者様が特段の著名人ではなく、一般人であると思われますので、以下にプライバシー権についてのみご説明いたします。

このプライバシー権の侵害となる要件は、以下のものがあります。

①被写体の容貌(ようぼう)がはっきりと確認できる場合

被写体が誰であるかわかるぐらいに鮮明であり、かつ同被写体がどのような人物かを特定できる場合は肖像権の侵害となる可能性があります。逆に被写体の写真が不鮮明であったり、人物が特定できないモノについては肖像権を侵害しているとは言い難いと思われます。

②被写体の本人から許可を得ていない画像や動画である場合

被写体本人から撮影することや撮影した画像・動画を公開することの許可を得ていない場合は肖像権侵害になる可能性がでてきます。また、撮影の許可を出していても、公開に関する許可が出されていない場合は、肖像権の侵害に当てはまる可能性があります。

③ネットや SNSなど拡散性が高い場所へ公開する場合

Twitter、Instagram、Facebookなどのように全世界の不特定多数の人に画像や映像を拡散できる手段により公開する行為は肖像権の侵害になる可能性が高くなろうかと思われます。ただし、個人間の私信メールなどで友達などへ送信する程度であれば、肖像権の侵害とは認められにくいものと思われます。

以上を踏まえて、本件について考えた場合、ラインの壁画に質問者様親子のお写真がその容貌がはっきり分かるように掲載され、その掲載に質問者様が許諾していない場合には、ラインという拡散性の高い手段により公開されていることからしてプライバシー権の侵害となる可能性があろうかと思われます。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
22238;答して頂きありがとうございます。訴えるにあたって必要な物、流れを教えて頂いてもよろしいでしょうか??

一般的には、いきなり訴えるということはせず、まずは警告書を送ります。

その場合、肖像権侵害である旨の根拠を示して警告します。

その警告によっても解決しない場合に初めて訴えるという流れになろうかと思われます。

警告する場合には、弁護士に依頼された方がよろしいかと思われます。

警告文は後に訴訟となった場合に、裁判所に提出する書面の対象となる可能性もありますので、法的にきちんとした文面である必要があるためです。

また、セカンドオピニオンとして、再度、肖像権に詳しい弁護士に判断していただいた上での警告がよろしいかと思われます。

弁護士の依頼につきましては、日本司法支援センター(通称「法テラス」)にご依頼されてみてはいかがでしょうか?法務省管轄の組織ですのでリーズナブルです。全国組織であり、「法テラス」で検索すればウェブページに行き着くものと思われます。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございました。
法テラス確認してみます。

うまくいくことを祈願しております。

特許・商標・著作権 についての関連する質問