ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 934
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

著作権についての簡単な質問です。

ユーザー評価:

著作権についての簡単な質問です。

知的財産権を専門とする者です。

どのような内容ですか、具体的に記載してください。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12452;ラストレーターにイラストを依頼し、それを自社のホームページに掲載する際に、クレジットを表示したいと思っています。
一般には、(C)2020,著作権者(=依頼主),著作者となるようなのですが、特に契約を交わしているわけでもなく、その場合は、イラストレータが著作権者で、私が著作権使用権、という考えはあるのでしょうか?あるい依頼をした時点で、依頼主である私が著作権者となるのでしょうか?
また、その場合、著作権者は私が依頼して作成したものを自由に他で使えるのでしょうか?私が依頼したメディア(例えばホームページなど)限定でしょうか?
宜しくお願いいたします。
質問者: 返答済み 7 日 前.
12385;なみにイラストレーターの方は他に提供したりしなければ、特に使い途に制限を加えることを考えていないようです。私がクレジットを表記したい狙いは、誰かがホームページからダウンロードして勝手に使われるのを防止するためです。

著作者は著作物(本件ではイラスト)を創作した者であるイラストレーターとなります(著作権法2条1項2号)。

そして、著作者が原始的に著作権と著作者人格権を取得します(17条1項)。

したがいまして、クレジットには著作者であるイラストレーターが表示されることになります。

なお、著作権は譲渡できますので(同法61条)、質問者様が著作権を譲り受けた後は、著作権者として質問者様の表示をすることができます。

ただし、著作者人格権は著作者であるイラストレータ―の一身に専属するため譲渡できません(同法59条)ので、著作者はイラストレーターとなります。

著作者と著作権者を混同しないようにしてください。

質問者: 返答済み 7 日 前.
20998;かりました。それでですが、クレジットをイラストレーターと私と併記することは可能なのでしょうか?例えば、(c)2020,イラストレーター/私(法人です)
質問者: 返答済み 7 日 前.
12394;るほど、質問は一回で終わりということなんでしょうか、まだJustAnswerの使い方が分からず失礼しました。また別の機会に質問します。ありがとうございました。

著作者はイラストレーター、著作権者は質問者様とするか、著作権者のみ質問者として表記するか、のいずれかとなるものと思われます。イラストレーターとご相談して決めるのがよろしかろうと思われます。

プラス評価していただきますようお願いします。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問