ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 934
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

先日、質問したのですが、アカペラで作った曲にも著作権が認められることを知りました。その曲の権利を主張するにはなにが必要に

ユーザー評価:

先日、質問したのですが、アカペラで作った曲にも著作権が認められることを知りました。その曲の権利を主張するにはなにが必要になりますか?請求する金額はどのように決めるとよいのでしょうか?

知的財産権を専門とする者です。

著作権は著作物を創作した時点で自動的に発生します。申請、出願、登録、料金の支払いなどいかなる要式行為も必要としません(著作権法17条2項)。

したがいまして、無断でその曲を利用している者に対しましては、差止請求(同法112条)や損害賠償請求(民法709条)などを行使でき、また、告訴して、刑事罰の適用も可能となります(著作権法119条等)。

なお、損害賠償の請求金額は実損分につき、請求することになりますが、著作権法には損害額の算定方法が規定されていますので(同法114条)、そちらを適用しても構いません。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
36942;去の曲で、まず2003年くらいに作った曲について、権利を主張したいのですが時間が経過しているので無理でしょうか?

2003年に作った曲はその時点から現在に至るまで継続して著作権は存続していますので、その間に行われた侵害行為に対しましては、損害賠償請求は可能です。

ただし、損害と加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効により消滅してしまいます。また、不法行為の時から20年を経過した時も同様です(民法724条)。

質問者: 返答済み 9 日 前.
26089;めにしないといけないと思いました。不当利得返還請求は可能でしょうか?また時効にかかっていますでしょうか?
質問者: 返答済み 9 日 前.
24321;護士の選び方で助言いただきたいのですが、著作権に関してはどこの弁護士に依頼しても扱っていただけるのでしょうか?

不当利得返還請求は時効が10年ですので、損害賠償請求ができなくなったときに有効です。

弁護士であれば、日本司法支援センター(通称「法テラス」)に依頼してみてはいかがですか、法務省管轄ですので、リーズナブルとなります。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます。質問はここまでにします。また機会があればよろしくおねがいします。

また何かございましたらご質問してきださい。

ご健闘をお祈りしております。

特許・商標・著作権 についての関連する質問