JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 737
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

フェイスブックなどで動画配信をしたら音楽が入っていてそれが著作権法に触れることを教えてもらった。 静岡県,

ユーザー評価:

フェイスブックなどで動画配信をしたら音楽が入っていてそれが著作権法に触れることを教えてもらった。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 静岡県
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: その人は悪質な投稿ですぐに著作権許可の番号をとらないと通報すると言っている。

知的財産権を専門とする者です。

確認したいのですが、ご質問内容は、Facebookに音楽が入っている動画を配信する行為が著作権の侵害になるか否か、ということでよろしいでしょうか?

質問者: 返答済み 10 日 前.
12399;い。許可をとる必要はありますか?

ありがとうございます。

音楽は「著作物」ですので、著作権の保護期間が過ぎているような古いもの(著作者の死後または公表後50年または70年経過したもの)を除いて、著作者の許諾を得ずに利用しますと、著作権の侵害となってしまいます。

具体的には、音楽をFacebookなどのSNSやネットに投稿しますと、著作権のうちの公衆送信権や送信可能化権の侵害となります(著作権法23条)。

そのため、音楽を利用する場合には、著作者の許諾を得る必要がございます。また、その音楽がJASRAC(日本音楽著作権協会)が管理しているものでしたら、JASRACに申請することにより利用することができますが、CD等の音源を利用している場合は、さらに、そのCD等に音源を録音した者(または社)の許諾も必要になります。

この許諾は営利・非営利を問わず必要となります。

以下に、JASRACのwebサイトのURLを掲載しておきますので、その音楽がJASRACの管理楽曲でしたら、そちらをご参考にされてはいかがでしょうか。

・商用配信のケース「https://www.jasrac.or.jp/info/network/business/index.html」

・非商用配信のケース「https://www.jasrac.or.jp/info/network/nbusiness/index.html」

質問者: 返答済み 10 日 前.
38899;楽のみではなく、動画にたまたま音楽が紛れ込んだ場合です。その場合はどうでしょうか?また営利目的になりますか?

動画に音楽が入っている場合であっても、音楽を利用していることには変わりませんので、先のご説明と同じ見解となります。

なお、著作権法にはいわゆる「写りこみ」という規定があり(30条の2)、その場合には、許諾なく利用できますが、そのためには以下の要件をすべて満たさなければなりません。

①録音又は録画等によって著作物を創作する場合であること 質問者様が投稿した動画を質問者様が制作したものである必要があります。

②その動画からその音楽を分離することが困難であること たまたま録音されたその音楽を後から編集などして削除することができるような場合ですと、この要件は満たさないことになろうかと思われます。

③その音楽が動画の量的にも質的にも軽微な部分であること 音楽がその動画を構成するうえで軽微な構成要素にすぎな場合には、この要件を満たすことになります。

④その音楽の著作権者の本来の音楽市場と衝突するかどうか、現実にその音楽の売れ行きが低下するかどうか、将来における潜在的販路を阻害するかどうか等といった著作権者の利益を不当に害しないこと 軽微な利用であればこの要件は満たすものと考えられます。

そのため、動画にたまたま紛れ込んだ音楽であっても、上記の要件をすべて満たさなければ許諾が必要ということになります。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。この状況であれば、音楽は決して主体ではありません。その場で流れていた音楽が意とせずに入り込んでいる状態なので、著作権管理団体との契約が有っても無くても、「著作権侵害である」ことは成立しませんので、あまり気にする必要のない部分です。と音楽を生業としている方から助言もいただきました。今やり取りしている方は、しつこく営利目的だと論点も変えてきています。
ただの嫌がらせのようにも感じますが、どのよう対応したらよいでしょうか?

質問者様の行為が侵害でないのであれば、相手方に当方が先に回答した内容をベースとした根拠を提示してあげて、質問者様の行為が侵害でない旨を返信してみてはいかがでしょうか?

それでも止めない場合は、警察等のしかるべきところに連絡するということを伝えてみてはいかがでしょうか?(この辺のことになりますと、当方の専門領域である知的財産の範疇から外れてきますので、あまり専門的なご説明は難しいことご了承ください。)

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございました。

お役に立つことができたのであれば幸いです。

なお、大変恐縮ですが、評価していただきますようお願いします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
35413;価はどうしたらよろしいですか?

了解しました。

当方からサイトの運営者に連絡しますので、そちらからの回答をお待ちください。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問