JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 563
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

初めまして。和紙の著作権についてご相談させていただけますでしょうか。 アシスタント:

ユーザー評価:

初めまして。和紙の著作権についてご相談させていただけますでしょうか。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 現在、仕事でデザイン、イラストレーション、絵画制作をしているものです。 すみません、改行の投稿になってしまいます
質問者: 返答済み 1 年 前.
29694;在、イラスト、デザイン、絵画販売をフリーランスで受注しているものです。
デザインのお仕事では、和紙や布、紙など市販で購入したものをスキャン、PCに取り込み、背景に敷いたりするなどイラストと合わせてデザインの一部にしています。いずれも模様のない無地のものです。
素材感を拝借するような利用ですが、こちらは著作権の侵害にあたりますでしょうか?
また絵画販売では、今後、和紙をキャンバスに張り付けて絵の一部とすることも考えていますがこちらはいかがでしょうか?まだしっかりしたイメージがあるわけではないのですが、抽象絵画の画面の一部になるような扱い方かと思います。ホテルやマンションギャラリーなどに納品する絵画です。
言葉足らずのところがあると思いますが、何卒ご回答いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

知的財産権を専門とする者です。

著作権は「著作物」に生じますので、「著作物」でなければ著作権は生じません。

「著作物」とは、著作権法上は以下のように規定されています。

『思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう』(著作権法2条1項1号)。
 すなわち「創作的」な「表現」について著作物であるとされ、著作権が生じます。そのため、「創作的な表現」でないものは著作物とはならず、著作権は生じません。したがって、そのような著作物ではないものを無断で利用しても著作権の侵害にはならないことになります。
 この「創作性」とは、完全な独創性までは要求されておらず、また、学術性や芸術性の高さも求められてはおらず、何らかの個性が現れていればよいとされています。もう少しくだけた言い方をしますと、他人の著作物の「模倣」でなければ、創作性は認められるといった程度のものといえます。

これを本件に当てはめて考えてみますと、和紙、布または紙に何らかの模様などがあり、その模様などがありふれたものでないのであれば、そのような和紙等につきましては「創作性」の存在が認められて「著作物」となり、著作権が生じる可能性がありますが、本件では、「無地のもの」ということですので、そのような無地の和紙、布、紙につきましては「創作性」の存在は認められず「著作物」に該当せず、著作権は生じないものと思われます。

したがいまして、そのような無地の和紙、布、紙を背景に使用したり、絵の一部としても著作権の侵害にはならないと思われます。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます!専門の方にご回答いただいて安心しました。
分かりやすくご説明いただき、本当にありがとうございました。

評価していただきましてありがとうございます。

また何かございましたらご質問してください。

特許・商標・著作権 についての関連する質問