JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 564
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

画像使用について アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?

ユーザー評価:

画像使用について
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 同じ画像を使用して宣伝している同業他社への対応に苦慮しています。ちなみに使用を先にしているのは弊社です
質問者: 返答済み 1 年 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
26412;質問はサイト内に公開されてしまいますか?

知的財産を専門とする者です。

本質問はサイト内に公開されます。

それがご都合わるければ電話での対応も可能です。

その場合には、電話リクエストのシステムをご利用していただくことになります。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

大変申し訳ございませんが、当方からご連絡先へ電話したのですが、留守電状態でつながりませんので、サイトからメールで回答いたします。

まず、質問者様が、その画像について何等かの知的財産権(意匠権、商標権、著作権)をお持ちの場合には、その権利に基づいて相手方に対して、その画像の使用を差し止めることが可能となります。

一方、質問者様が、その画像について知的財産権をお持ちでない場合には、権利に基づき相手方の使用を止めさせることができません。

ただし、相手方が、単に同じ画像を使用するのみならず、競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を告知したり、流布したりしているような場合ですと、その行為は不正競争防止法における不正競争行為となります(不正競争防止法2条1項15号)。そのため、相手方が質問者様と競争関係にあり、かかる虚偽の事実を告知したり、流布したりしているということであれば、その行為を差し止めることができます。

とりあえず、メールにて回答しましたが、電話での連絡をお待ちしています(***-****-****)。

日本司法支援センター(通称「法テラス」という)にご相談してみるのも一つの方法かと思われます。

これは法務省所管の公的な機関ですので、割安であり、安心してご利用できるのではないかと思われます。

以下参考までに「法テラス」の概要を記載します(法テラスのホームページより抜粋)。

【「借金」「離婚」「相続」・・・さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、「だれに相談すればいいの?」、「どんな解決方法があるの?」と、わからないことも多いはず。こうした問題解決への「道案内」をするのが私たち「法テラス」の役目です。

全国の相談窓口が一つになっていないために情報にたどりつけない、経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができない、近くに専門家がいない、といったいろいろな問題があり、これまでの司法は使い勝手がよいとは言えないものでした。

そうした背景の中、刑事・民事を問わず、国民のみなさまがどこでも法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしようという構想のもと、総合法律支援法に基づき、平成18年4月10日に設立された法務省所管の公的な法人。それが、日本司法支援センター(愛称:法テラス)です。

お問い合わせの内容に合わせて、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を法テラス・サポートダイヤルや全国の法テラス地方事務所にて、無料でご案内しています(情報提供業務)。

また、経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、無料法律相談や必要に応じて弁護士・司法書士費用などの立替えを行っています(民事法律扶助業務)。

このほか、犯罪の被害にあわれた方などへの支援(犯罪被害者支援業務)等、総合法律支援法に定められた5つの業務を中心に、公益性の高いサービスを行っています(ほかに司法過疎対策業務、国選弁護等関連業務があります)。】

法テラスのホームページへのアクセスにつきましては、インターネットから「日本司法支援センター」ないし「法テラス」と入力すれば、そのホームページに着きます。

・法テラスのトップページのアドレス「http://www.houterasu.or.jp/index.html」

・法テラスの相談窓口のアドレス「http://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/index.html#branch」

特許・商標・著作権 についての関連する質問