JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 586
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

小説内で登場人物が歌を歌うときの歌詞の引用、小説内でラジオやテレビから流れる歌詞の引用、そのような場合の歌詞の引用は問題

ユーザー評価:

小説内で登場人物が歌を歌うときの歌詞の引用、小説内でラジオやテレビから流れる歌詞の引用、そのような場合の歌詞の引用は問題ありませんか?

知的財産権を専門とする者です。

当方は弁護士ではありませんが、その資格試験に著作権法が含まれている弁理士ですが、それでも構わないのであれば回答したいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
12513;ールでお願いします。

質問者様のおっしゃるとおり、著作権法に規定する引用(同法32条1項)に該当する場合には、著作権者(本件ではJASRACが代行)の許諾をを得ずに利用することができます。

この引用の判断は難しいのですが、著作権法では次のように規定されています。

「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(同法32条1項)。

まず、引用できるのは公表された著作物であり未公表著作物を引用することはできません。
 それから、「公正な慣行に合致し」「引用の目的上正当な範囲内」の内容は、実際には著作物の性質、引用の目的、必要性、量、内容、方法等を考慮して、社会通念をもってケース・バイ・ケースに判断されているようです。旧著作権法の事案ですが、パロディー事件の上告審判決では、以下の要件をすべて満たす必要があるとされています。

①明瞭性→引用する側の著作物(質問者様の電子書籍)と、引用される側の著作物(歌詞)との区別が明瞭であること。例えば、引用部分をかぎかっこで括るなどです。
 ②付従性→引用する質問者様の電子書籍が主体で、引用される元の著作物が従たる存在であること。要するに引用した歌詞が質問者様の電子書籍の中に吸収されており、引用部分がメインであるような内容になっていないということです。引用量が膨大でない限りは、一般的に考えてこの要件は満たすのではないかと予想されます。
 ③必要最小限→引用の範囲が引用の目的上必要最小限の範囲であること。例えば、俳句などのような短い作品であれば、全部の引用が可能ですが、学説・論文等については全部の引用はできないというようなことです。

④引用の目的が報道、批評、研究等であることです。報道、批評、研究等の目的でない判断されるときは、正当引用とは認められません。

また、元の著作物を引用するにあたりましては、出所を明示する必要があります(著作権法48条1項1号)。例えば、著作者名(氏名、筆名、雅号、サイン、略称など)、題号、出版社名などの明示が必要となります。

これらすべての要件を満たす場合には、著作権者の承諾を得ずに利用できると旧法下の上告審判決ではされています。

本件について上記の要件に照らして判断しますと、④の引用の目的が報道、批評、研究等に該当しないため、引用の要件をすべて満たさないと予想されます。

これはあくまでも旧法における上記最高裁の判例に基づくものですので、その限りにおいては引用の要件を満たさないとの予想ですが、現行法下では異なる判断がなされる可能性もあろうかと思われます(断定はできません)。しかしながら、安全策をとって許諾を得ておいた方がよろしいかと思われます。ただし、ご質問にあるような1冊14万という高額での使用料は考え難いです。そのようなことは社会通念としても認められるはずがありませんので、もう一度、JASRACの利用規約を確認された方がよろしいかと思われます(ネットで調べることもできます)。

なお、作詞家の死後50年ないし公表後50年が経過している歌詞につきましては、著作権がきれていますので、その使用に際しては許諾は不要となりますことを付記しておきます(同法51条~53条)。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
65297;曲につ140円くらいなので100曲の歌詞を引用すると14万円くらいになるそうです。もう少し調べてASRACと話し合ってみます。ありがとうございました。

評価していただきましてありがとうございます。

そうですね、JASRACの利用料規程を見てみるのもいいかもしれません。

「http://www.jasrac.or.jp/profile/covenant/pdf/royalty/royalty.pdf」

特許・商標・著作権 についての関連する質問