JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 575
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

発信者情報開示請求を行いたいと思います。

ユーザー評価:

発信者情報開示請求を行いたいと思います。
http://www.isplaw.jp/
こちらにある、発信者情報開示関係書式(PDF)で作成して送付しようと思いますが、
こちらについての質問をさせてもらってもよろしいでしょうか。・こちらから送るのはこのPDF一式でしょうか。記載するのは23ページから25ページまででよろしいでしょうか。
・侵害された権利には著作権とだけでよろしいでしょうか。⇒これに対し、また引用であると打ち返される可能性が心配です。どこまで書けばいいのか。。。
・権利が明らかに侵害されたとする理由について、注3の正当な権利者であることを証明する資料としては
何が適切でしょうか。自身のブログにある写真URLなどで良いのでしょうか。
・証拠については写真を使用された該当HPの印刷で良いでしょうか。
・これらを作成するには手書きでなくてはいけないでしょうか。
・送る際には内容証明郵便等にする必要などあるのでしょうか。こちら改めて質問させていただきます。

ご質問ありがとうございます。

当方も実際には発信者情報開示請求をした経験はございません。

従いまして、以下のご説明は参考までとしてください。そのため、評価をしていただかなくても構いません。

ただし、本件に関するご質問は今回限りということにしていただければ幸いです。

請求する書式はP23~P25までの書式(書式① 発信者情報開示請求標準書式)でよろしいかと思われます。

侵害された権利は著作権とだけ記入してもプロバイダは開示しないと思われます。

今までの一連のご説明のとおり、引用には該当しないこと(当方が先にご説明した引用の要件すべてを満たさないことを内容とするもの)を提示する必要があろうかと思われます。

それでもプロバイダが引用に該当すると主張してきた場合には、裁判にて開示請求を認める争いをすることになろうかと思われます。

正当な権利者であることを証明するには、例えば、①著作物等に関して著作権法に基づく登録がなされている場合における登録されていることを証明する書面を提出すること、②著作物等の発行・販売等に当たって著作権者等の氏名等が表示されておりそのコピーを提出すること、③請求する以前に一般に提供されている商品やカタログ等であって請求者が著作権者であることを示す資料の写しを提出すること、④著作物等と著作権者等との関係を照会できるデータベースであって適切に管理されているものが提供されている場合における当該データベースに登録されて いることを証する書面を提出する、などの方法による必要があります。

また、請求者である質問者様は、可能な限り、対象となる権利侵害情報のハードコピーにおける図示やIPアドレス等を特定するほか、プロバイダ等が、記載された情報のみでは特定ができないとして、請求書を補正するために追加的な情報を求めたときは、当該プロバイダ等が求めた情報を提示する必要があると思われます。

作成には、手書きである必要はないと思われます。

送る際には内容証明郵便の義務付けはないですが、かかる方法で郵送する方が確実であり、適法に開示請求したことの証拠ともなりえますので、内容証明郵便がよろしいのではないかと思われます。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問