JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 575
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

こんばんは。 アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか? 質問者:

ユーザー評価:

こんばんは。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: ありがとうございます。リアルタイムで返信があり驚きました。いま質問を書きますのでしばしお待ち頂ければ。 質問になりますが、英語の勉強のために青空文庫に掲載されている日本文学を英語へ翻訳をと考えています。特殊なのはWeb共有サービス上(Github)でそのデータを共有してみようかと思うのですが著作権的に問題ありませんでしょうか。

知的財産権を専門とする者です。

青空文庫に掲載されている日本文学は著作権の保護期間が切れているものですから、その翻訳権(著作権法27条)の保護期間も切れていることになります。

そのため、それを英語に翻訳する行為は著作権の問題は生じないことになります。

また、翻訳したものをネットに掲載する行為は公衆送となりますが、公衆送信権(同法23条)の保護期間も切れていますので、かかる行為も著作権の問題は生じないことになります。

ただし、著作者人格権(同法18条~20条)は、著作者の死後においても保護されますので(同法60条)、翻訳に際しての題号の切除、誤訳、翻訳すべき語を翻訳していない、または意訳の範囲を超えている等の場合には、同一性保持権(同法20条、60条)と抵触する可能性がでてきますので、そのようなことがないようにする必要があります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36805;速なご回答ありがとうございます。疑問点が明確になりました。厳密に掘り下げて確認させて頂きたいのですが、
同一性保持権の観点からですとWeb共有サービスで翻訳途中(切除や誤訳の状態にある可能性がある状態)
のものを掲載している状態は権利に抵触しているものとなるため、
掲載するとなれば翻訳を完成させた状態で掲載するよう取り計らうべきと考えて良いでしょうか。

そうですね、原作を忠実に翻訳をして完成したものを掲載する必要がございます。

翻訳途中のものを掲載しますと同一性保持権と抵触してしまうこととなってしまいます。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12394;るほど!良く分かりました。
大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。

お役に立てたようで何よりです。

評価していただきありがとうございます。

特許・商標・著作権 についての関連する質問