ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1466
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

ねんきん定期便で、令和元年8月現在で既に国民年金受給額の741285円が受け取れることが分かりました。

ユーザー評価:

ねんきん定期便で、令和元年8月現在で既に国民年金受給額の741285円が受け取れることが分かりました。 わたしは、来春退職することにしましたが、国民年金を支払い続けてれば、支給額は増えるでしょうか?
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 千葉県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、ファイナンシャルプランナーに事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません。
質問者: 返答済み 10 日 前.
12377;みません、あと一つ、公務員の夫の扶養内に定年まで入ったとき、働いた18年分の年金は加味されて増えるのでしょうか?

ご質問ありがとうございます。

老後の年金には、老齢基礎年金(国民年金)と、老齢厚生年金の大きく2種類があります。

老齢基礎年金は、収入に関係なく定額で、20歳から60歳までの480ヶ月加入すると、満額の年金がもらえる仕組みになっています。年金の額は、物価変動等により調整が入るため、年度ごとに変動しますが、約78万円になりますので、ご質問者様の場合、引き続き国民年金保険料を支払うことで、老齢基礎年金を増額することができます。

なお、ご質問者様の退職後、配偶者が会社員や公務員で厚生年金(共済年金含む)に加入されている場合には、第3号被保険者の手続きをされることで、別途保険料を支払うことなく、国民年金保険料を支っている場合と同じように老齢基礎年金を受け取ることができることになります。

また、ご質問者様が厚生年金に加入して働かれていた場合には、老齢厚生年金として、給与額や就労期間に応じた年金を上乗せでもらうことができます。

houmuをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
22812;分に、分かりやすくご丁寧にありがとうございましたm(__)m
また何か不明点あれば、質問させていただきます。

保険・年金 についての関連する質問