ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1412
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私は85歳、妻は78歳, 横浜市都筑区に居住、国民年金を2834859円、企業年金を1146402円

ユーザー評価:

私は85歳、妻は78歳
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 横浜市都筑区に居住、国民年金を2834859円、企業年金を1146402円 年間受給してます。若し1年後私が死亡した場合は残された妻に如何程の年金が
JA: ありがとうございます。上記の他に、ファイナンシャルプランナーに事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 受給可能か教えて下さい

ご質問ありがとうございます。

国民年金が約283万円とのことですが、国民年金は定額で約78万円が上限ですので、差額約205万円が厚生年金であるものとして回答させていただきます。

まず、国民年金については、奥様も現在受給されているものがそのまま支給されます。

次に厚生年金について、奥様が現在受給されていない場合、ご質問者様が現在受給されている厚生年金の3/4、153万円程度が遺族厚生年金として支給されると見込まれます。

最後に企業年金についてですが、こちらはそれぞれの方の加入されている制度により異なりますので一概に言えませんが、終身年金であれば通常は保証期間の定めがあるかと存じます。10~20年程度であるケースが多いですので、ご質問者様のご年齢では、もう保証期間は過ぎている可能性が高いのではないかと考えます。この場合、ご質問者様がご存命中はずっと支給されますが、その後の遺族への支給はありません。もし、保証期間がまだ残っているようであれば、残りの期間分が遺族年金もしくは死亡一時金として支給されることになります。

houmuをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12424;く分かりました。有難うございます!

保険・年金 についての関連する質問