ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1734
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

同居している引きこもりの41歳の息子宛てに国民年金納付書が来ました。高校を中退以降無職で今まで一度も支払っていません。父

ユーザー評価:

同居している引きこもりの41歳の息子宛てに国民年金納付書が来ました。高校を中退以降無職で今まで一度も支払っていません。父親の私は年金生活の73歳で代わりに支払っていくことは厳しく、死んで以降支払い継続はできないと思われます。今から納付猶予手続きもしくは追納、全額免除手続きなどしたほうが良いのか、このまま息子任せにしておくか悩んでおります。アドバイスをいただきたいのですが。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県鎌倉市です
JA: ありがとうございます。上記の他に、ファイナンシャルプランナーに事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今はありません

ご質問いただき、ありがとうございます。

公的年金は、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての方が加入対象となる国民年金(基礎年金)と、会社員や公務員などが加入対象となる厚生年金があり、どちらの保険料も滞りなく支払う義務があります。

年金の未納が続いた場合、まず封書やはがきで保険料支払いの案内が届きます(納付督励)。つぎに特別催告状という支払いを促す封書が届きます。さらに無視しているといずれ最終催告状が届き、期日までに支払わない場合は延滞金が発生することがあります。

さらに未納が続くと督促状が届き、年金機構の職員が未納者の銀行口座や有価証券、自動車などの財産を調査した上で、それらを差し押さえることがあります。それでも未納が続くと、国が強制的に保険料を徴収することができるようになります。

今息子さん固有の資産がないのでしょうから差押えはできませんが、将来的にはあなたたちの財産を相続などで継承するでしょうから、その場面になって困ることが出てくる可能性があります。

また未納ですと将来の年金が支払われないことになります。国民年金は支払った方が多くのリターンが見込まれる優良な年金システムです。できることならば子供さんの将来を鑑みると支払ってあげた方がよいと考えます。

dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問