JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 552
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

60才で定年を迎え、同一会社で再雇用で働いている64才の男性です。毎年3月に、その後1年間の雇用契約を結んでいます。今年

ユーザー評価:

60才で定年を迎え、同一会社で再雇用で働いている64才の男性です。毎年3月に、その後1年間の雇用契約を結んでいます。今年3月の契約更新で、20%の賃金削減または勤務地変更(再雇用者には、通勤手当は支給されない為、実質20%程度収入減となります。)となりそうです。そこで、この際、退社し新たな会社を見つけたいと考えています。この場合、失業保険での退社理由は、自己都合・会社都合のどちらになるのでしょうか。尚、会社の業績が悪い訳ではありません。職種は、環境管理、労働安全衛生、ISOに関する職種です。

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

一般的に、多くの退職が自己都合退職に当てはまります。転居・結婚・介護・病気療養のための退職はもちろん、自分が望む仕事内容・待遇などを求めて転職する場合も、自己都合退職です。

一方会社都合は、経営破たんや業績悪化に伴う人員整理により、一方的に労働契約を解除される場合が一般的です。加えて、退職勧奨・希望退職に応じた場合や、勤務地移転に伴い通勤が困難になった場合、何らかのハラスメント被害を受けた場合などが当てはまります。

あなたの会社の場合、60歳以降は1年更新が通例となっていて、3月には契約更新の打診を受けることが見込まれる場合は、自己都合となります。

ただ勤務地変更が伴うようですから、通勤が4H以上になってしまうような場合は会社都合と認められるケースがあります。

「労働者側が契約更新を望んでいるのに、使用者側が拒む」これが基本ラインです。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
29305;定理由離職者となる可能性はあるでしょうか
質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
36890;勤時間4H以上とは、往復ですか、片道ですか

特定理由離職者は、当該労働契約の更新又は延長があることは明示されているが更新又は延長することの 確約まではない場合であって、かつ、労働者本人が契約期間満了日までに当該契約の更新又は延長を申し出たにもか かわらず、当該労働契約が更新又は延長されずに離職した場合に該当します。

更新されずに離職して職を探すのであれば該当しますが、使用者側が更新を申し出てきた場合は該当しません。

なお4時間は「往復」です。

dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問