JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 309
経験:  4年生大学卒業 平成15年社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

国民年金、国民健康保険、世帯分離 私の23年分支払金額は3320101円 控除後2144000円。 1月から3月

ユーザー評価:

国民年金、国民健康保険、世帯分離
私の23年分支払金額は3320101円 控除後2144000円。
1月から3月分は80万ぐらいでした。

私、夫、小学生2人の家庭です。夫にはもちろん収入があります。

残業残業で働きすぎのため
24年4月から
私は職を変えます。
週20時間時給が2600円
夏休みは子どもと過ごすので働きません。
来年度3月までの見込みはおおよそ200万を少し切るぐらいです。

という状況です。

今までは厚生年金、社会保険。私は独自加入
夫と子供たちは3人で 厚生年金、社会保険。に加入。
4月からは、収入の面で私は扶養には入れず
労働時間面で社会保険、厚生年金に入れず
国保、国民年金。になると思うのですが。

世帯分離というのは同一住所夫婦間ではできないのでしょうか。
私は私のお金で保険と年金を払わなければならないので

国保と国民年金、住民税をあわせてすごい額になるのではないかと
心配しています。

減免申請などはこの条件では無理ですか。

まともに耐えて払う1年になるのでしょうか
何とかする方法はないですか。

実際払うとすれば月いくらぐらいになるのでしょうか。

こんばんは。

回答いたします。

 

世帯分離については、市町村によって基準や対応がばらばらです。

 

よって、同一住所夫婦間でも世帯分離が出来る場合があるため、貴方の住所地の役所に直接確認する必要があります。

 

国民年金については、保険料負担が重ければ、免除申請する方法がありますが、貴方の前年度の所得からすると免除申請は難しいのではないかと考えます。

 

国民健康保険については、現在の会社で社会保険に加入しているのであれば、健康保険の任意継続被保険者になる方法があります。

 

国民健康保険料と任意継続被保険者の保険料を比べて安いほうを選択すればいいと考えます。

 

国民健康保険の減免申請についても各市町村で対応や基準が異なり、減免申請できる場合があるため貴方の住所地の国民健康保険課に直接確認する必要があります。

 

国民年金保険料は現在15,020円です。

 

国民健康保険料については、各市町村で計算方法が違うため、貴方の住所地の役所の国民健康保険課に直接確認する必要があります。

 

任意継続被保険者の保険料は、現在給与から控除されている健康保険料の倍になると考えてください。

 

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

回答ありがとうございます。

ただお答えいただいたところまでは自分でもなんとなくわかってはいて

役所に聞けばいいのもわかるんです。

でも聞いたら最後だと思っています。状況を全部出すわけなので。

 

さらに詳しくしりたいのです。

 

私は広島県福山市に住んでいてホームページで国民健康保険を

調べたのですが

計算方法が全く分からず、

でひょっとして月額5万円ぐらいになることもあるのかなぁと思ってしまいました

そうすると年金15000円に保険が5万円住民税が12000これだけで

77000円です。それに所得税、雇用保険をプラスしたら

おそらく80000円をこえるのでは。。と思いました。

 

任意継続した場合保険料が倍になるので今月に13248円ですから

26598円。

ただ任意継続と国民年金がセットにできるかどうかわからず。

できるのであれば確実にそれが安いですが

できないのであれば

厚生年金も19269円なのでそれが倍になりますよね。。。。

しかもこれにはボーナスが入っていないので

月額報酬基準はもう少し上がり、プラスアルファが来ると思ってます

離職票がまだ届いていないので。。。結局8万円近く払うことになります。

 

国民年金と健康保険の任意継続はセットにできますか?

 

それともどのみち

8万円近く引かれるのでしょうか。。。

 

こんにちは。

 

国民年金と任意継続はセットにできます。(ただし、手続きの窓口は別々です)

 

逆に厚生年金は任意継続とセットにできません。

 

また、任意継続にボーナスは関係ないので安心してください。

 

所得税については、最後の年末調整で国民年金や健康保険料の支払いで還付が受けられると思います。

 

よって、貴方が支払うのは国民年金+任意継続+所得税+住民税+雇用保険料です。

 

推測するにざっと15,000円+27,000円+7,000円+1,000円=50,000円程度ではないでしょうか。

 

ただし、任意継続は退職してから20日以内に手続きをする必要があるので注意してください。

 

しかし、なぜ役所に聞くと最後なのでしょうか?

国民健康保険料にしても入る入らないがわからない場合でも正確な数字を教えてくれますよ。

 

 

hiroumushiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

追伸、住民税はたぶん

ひと月に12000円ぐらい来るんじゃないかと。(T_T)

 

ああ。

世帯分離はとりあえずしないでおこうと思います。

一応、国民健康保険を聞いてみて

任意継続と国民年金のセットにしようと思います。

 

役所っていついっても不親切なので。

こんな方法もあるよ、みたいなことは一切教えてくれたことがありません。。

自分で調べ上げていかないと。

だから』知らない人は。。ほんとになにも知らない。。

だから最後だと思っています。

 

いろいろとありがとうございました。(^^)

 

こんばんは。

 

確かに貴方の言うとおりかもしれません。

 

しかし、最終的な手続きは役所にするので、役所の話をうのみにしてはいけませんが、役所の話も聞くと選択肢も広がる可能性があるので、役所の話も聞いたうえで判断されればいいかと思います。

保険・年金 についての関連する質問