ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 2797
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

土地の契約について質問です。祖父母の代で契約を結んだ土地の地代や駐車場代を数名からいただいていますが、昔結んだ口頭での契

ユーザー評価:

土地の契約について質問です。祖父母の代で契約を結んだ土地の地代や駐車場代を数名からいただいていますが、昔結んだ口頭での契約で証明書や契約書はありません。両親に名義変更し、祖父母が管理していた土地などすべてが引き継がれるため、契約書を作成したいと思っています。また、家屋は借用している方たちの名義で建てられているため、家屋を使用しなくなった際の取り崩し等は借用している方の責任において行ってもらう旨を記載したいと思います。以上のことから①このような契約書は自身で作成したものでも法的効果があるのかどうか②専門的な書類作成にはどの程度の金額がかかるのか、教えてください。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 長崎県長崎市です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、ファイナンシャルプランナーに事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今のところ上記以外に特にありません。

はじめまして。

>①このような契約書は自身で作成したものでも法的効果があるのかどうか

→ 誰が作成しても効果は同じですが、借地借家法の定めが優先されるものは契約書に記載したとしても無効になります。

一般の方が借地借家法や民法について精通しているわけはなく、また、先代や先々代の締結した契約となると、当時の契約がどうだったのかわからない承継者の言うことに抵抗のある借地人・借家人もいます。

こういった事情から、宅建業者に契約書の作成と契約締結のための窓口を依頼することが多いと思います。

なお、借地人や借家人と争いに発展してしまうと、弁護士以外に代理人を務めることが出来なくなるので、あくまで契約については概ね双方合意のうえで、細かい条件について話し合っているという前提です。

>②専門的な書類作成にはどの程度の金額がかかるのか、教えてください。

→ ピンキリです。

弁護士に依頼する場合と宅建業者に依頼する場合で異なります。

宅建業者の場合は業法に定める手数料以上請求することは無いと思いますが、契約内容によって変わるので、不動産屋にいくつか見積依頼を含めて相談した方が良いと思います。

借地人や借家人と争いがある場合は弁護士に依頼することになると思いますが、最低でも10万円以上はすると思います。

質問者: 返答済み 2 日 前.
36820;信ありがとうございます。借用の約束を交わした祖母が存命の内に契約書の作成をと思っています。現在借用者との間にトラブルはありませんが、契約者が変更されることや契約書を作成することでトラブルの原因にもなり得ることがよくわかりました。
借用者も祖母も高齢ですので、借用者のご家族に立ち合いをお願いしてお互いに納得できる契約となるよう注意を払いたいと思います。
また、追加で質問させてください。
①不動産屋であればどこでもこのような書類を作成できる資格を有する方がいらっしゃるのでしょうか?また、これに相当する資格や専門職は何でしょうか?このような依頼が初めてで、すべてにおいて知識がないので、申し訳ありませんが教えてください。②上記とは別の問題なので、税理士の方に相談する内容ではないのかもしれませんが、管理している土地に山林等が多く一般の管理では難しいので、長期的には手放したいと考えています。以前市に相談した所、需要のない土地ですので市が買い上げる事は難しいと言われたようです。このような土地を手放す方法としてはどのような方法があるのか、もしくは難しいのか、教えていただきたいです。

>①不動産屋であればどこでもこのような書類を作成できる資格を有する方がいらっしゃるのでしょうか?また、これに相当する資格や専門職は何でしょうか?このような依頼が初めてで、すべてにおいて知識がないので、申し訳ありませんが教えてください。

→ 宅建士です。

ただ、アパートやマンションの賃貸契約締結ばかりやっている不動産屋だと借地契約については経験が無い可能性あります。

>②上記とは別の問題なので、税理士の方に相談する内容ではないのかもしれませんが、管理している土地に山林等が多く一般の管理では難しいので、長期的には手放したいと考えています。以前市に相談した所、需要のない土地ですので市が買い上げる事は難しいと言われたようです。このような土地を手放す方法としてはどのような方法があるのか、もしくは難しいのか、教えていただきたいです。

→ 買取が難しいというのであれば、寄付ならどうかと相談してみてはいかがでしょうか?

維持費が毎年かかることを考えれば、無償でも引き取ってもらう方が良いという考えはあると思います。

このサイトは基本的に1問1答形式なので、追加の質問がある際は新規に質問スレッドの投稿をお願いします。

よろしくお願いいたします。

specialoneをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中

相続・事業承継 についての関連する質問