JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 相続・事業承継
満足したユーザー: 327
経験:  dasdasd
100521332
ここに 相続・事業承継 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

小規模住宅の特例は240平方メートルまでの土地家屋が対象とのことですが、調べてみたら245平方メートルありました。このう

ユーザー評価:

小規模住宅の特例は240平方メートルまでの土地家屋が対象とのことですが、調べてみたら245平方メートルありました。このうち240平方メートルまでが対象で、残り10平方メートルは対象にならないと考えてよろしいでしょうか。

はじめまして。

相続税の小規模宅地の特例のことでよろしかったでしょうか?

これは小規模「宅地」の特例なので、土地のみが対象になり、家屋は対象になりません。

小規模宅地の特例は、特定事業用・特定居住用・貸付事業用の3種類があり、亡くなった方のご自宅について適用を受ける場合は特定居住用になります。

この特定居住用の限度面積は以前は240㎡でしたが、現行法令においては330㎡になりました。

よって、ご質問の小規模宅地の特例をうけようとしている土地の面積が245㎡であれば全て特例の対象になります。

specialoneをはじめその他名の相続・事業承継カテゴリの専門家が質問受付中

相続・事業承継 についての関連する質問