ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 10450
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

10年以上前亡くなっている祖母名義の口座に預貯金が残っています。相続人は祖母の子供4人と既にかなり前に死亡した子の長男、

ユーザー評価:

10年以上前亡くなっている祖母名義の口座に預貯金が残っています。相続人は祖母の子供4人と既にかなり前に死亡した子の長男、長女です。祖父は祖母の死亡前に死亡しています。私は死亡した子の長男にあたり、法定相続分は1/10です。通帳と印鑑は祖母の末子が管理しています。法定相続分はいただきたいのですが、弁護士の先生を通じて銀行にいえば、銀行は応じていただけるものでしょうか?そのようなことを弁護士先生に依頼した場合の費用の相場もわかりませんので、教えていただければと思います。現在、通帳を保管している祖母の末子は10年以上前の祖母の葬式費用や仏壇購入費を請求すると思いますが、こちらは全く知らない中で行われているので、負担しなくてよいと考えていますが、どうでしょうか。

ご質問、ありがとうございます。

特別な遺言書などがなければ法定相続分の請求は可能です。

弁護士へ依頼する銀行ではなく当該遺産を管理している祖母の末子へ交渉するでしょう。

祖母の葬式費用や仏具の購入代は遺産から支出されるのが一般的であり、ご相談者様が請求されることはないかと存じます。

弁護士への依頼は、着手金だけで10~30万円程度の費用が予想されます。

現在、弁護士を含めた士業は自由価格であり、弁護士費用は依頼する事務所や先生により変わります。
着手金も成功報酬も、依頼人がいくら請求するか、最終的にいくら経済的利益を受けたかにより変わります。
下記の(旧)日弁連報酬基準を基に金額を設定なさっている先生も多いため、ひとつの目安としてご覧になって頂ければと存じます。

(旧)日弁連報酬基準↓
https://senbayashi-lf.com/cms/wp-content/uploads/2019/02/pdf001.pdf

ito-gyoseiをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
26089;速、ご回答いただきありがとうございました。葬儀費用などで心配していましたが安心しました。弁護士費用についてもありがとうございます。他の親族とも話をしまして、少しずつ、進めていきたいと思います。ありがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

相続・遺言 についての関連する質問