ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 1024
経験:  弁護士
108532725
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

和解勧告の段階である程度、棄却か成立か目処はついているものなのでしょうか?

ユーザー評価:

和解勧告の段階である程度、棄却か成立か目処はついているものなのでしょうか?

弁護士のエイティです。

裁判所からの和解勧告であれば、その時点での証拠関係に基づいて、裁判官の頭の中で事件の帰結がほぼ固まっていると考えた方がいいです。

裁判所案の和解金の額で、おおよそ、裁判所の心証が想像できると思います(請求金額に近いのか、半分くらいなのか、ほとんどゼロに近いのか、など)。

ただ、それは最終的なものではなく、和解が成立しなければ、その後の証人尋問で裁判所の心証を覆すことは可能です。

ご参考になれば幸いです。

弁護士のエイティをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 日 前.
12354;りがとうございます、参考にさせて頂きます。

高いご評価を頂きありがとうございました。

また何かございましたら、ご相談下さい。

相続・遺言 についての関連する質問