ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2029
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

先日義父が亡くなり、その妻(義母)と娘たち(長女と次女(私の妻))が残されました。義父・義母と長女は群馬県に同居、義父の

ユーザー評価:

先日義父が亡くなり、その妻(義母)と娘たち(長女と次女(私の妻))が残されました。義父・義母と長女は群馬県に同居、義父の財産といえば土地(約30坪)と住まい(2階建て約20坪)の名義と預貯金約200万円程度。借金は無しです。義父・義母はこれまで年金暮らし、長女が自営業で細々と暮らしを支えてきました。長女も次女も遺産がどうのこうの言わない人間なので、義母が将来亡くなるまで遺産相続(遺産分割協議)はしなくても良いのではとアドバイスしていますが、実際のところ早急に必要でしょうか?固定資産税の支払者は義父から義母に変更します。長女は自身でこれまで毎年確定申告をしています。

Sorry,waiting now.

質問者: 返答済み 9 日 前.
Oh, ok, I'll wait. Should I have written in English?

Currently, I can't input Japanese due to a system error. It's possible to respond in English, but if you are not in a hurry, I think it will be fixed tomorrow. Is it okay to respond tomorrow?

質問者: 返答済み 9 日 前.
Sure. I'm not that hurry. Please take your time.

Thank you for your polite response.

昨日はシステムエラーのため、返信ができずに申し訳ありませんでした。遅くなりましたが返信させていただきます。

現金はさておき、義父様の財産で土地があるということですので、不動産の登記変更をしなければならないということがあるので、相続協議はしておいてください。義母様が将来お亡くなりになるまで放っておいてしまうと、その土地の相続人がお亡くなりになているということで手続きが面倒になり、登記変更にかかる専門家に支払う費用も多くなってしまいます。現時点での義父様の相続人は3人で全員ご健全の時点ですので土地の登記変更は必ずやっておくべきということになります。その際、登記関係については司法書士の業務ですし、相続に争いがないという感じですので、弁護士依頼ではなく、司法書士に土地の名義変更を含む相続の依頼をすることがいいかと思います。

質問者: 返答済み 8 日 前.
22238;答どうもありがとうございます。了解致しました。登記変更はしておきたいと思います。もし、次女(私の妻)が“相続放棄”を家庭裁判所に申請して受理されれば、相続協議は義母と長女の2名のみで行うことになると理解して良いでしょうか?

ご返信ありがとうございます。はい、おっしゃる通り、相続人の一人である次女様が相続放棄をするのであれば、相続人は義母様と長女様になります。

low-counselorをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございました。助かりました。

相続・遺言 についての関連する質問