ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 2091
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

父は呼吸苦はあり少ししか歩けなかったものの、介護度はつかず要支援でしたので、多分訴えは通らないかと思います。

ユーザー評価:

父は呼吸苦はあり少ししか歩けなかったものの、介護度はつかず要支援でしたので、多分訴えは通らないかと思います。
なので、車購入に関しては父の希望だったとは言え通常の贈与に当たってしまうのでは無いでしょうか?そうなると相続税の計算に含まれますか?先程の3年以内の贈与のみ計上されるという説明だとギリギリ計上しなくても良いという事ですか?
また、家購入資金は10年間計上されると聞きましたが、不動産と動産で変わってくるのでしょうか?

なるほど。確かに要支援では、主張が通らないかもしれませんが、100%通らないという確証もなく、経緯があれば、ある程度は認められることもあるので、しゅちょうだけはしたかたがいいk後思います。

相続開始日時点(亡くなった日)からさかのぼって3年内に贈与を受けた財産がある場合には、相続税の計算において、相続財産に加算されてしまいうので。先ほどはその件を3年とお伝えしたのですが、生前贈与した分の財産について、遺産相続開始時に相続財産に含めるという方法については、期間に定めがないはずです。例えば、兄弟で、一人が大学までいっていて、1000万円多く使っていた、兄弟のどちらかだけ、結婚時に300万円受け取っていた、等、何十年前のことも入れることができるのです。ただ、10年以上前のことですと、通常相続時に相続人が対象とすることが少ないということもあり、目安として10年ということかもしれません。

low-counselorをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 27 日 前.
12354;りがとうございました。

相続・遺言 についての関連する質問