JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 8192
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

おはようございます。妻子のある男性と暮らし始めて15年になります。現在2人とも52歳です。離婚するとは聞いていますが、ま

ユーザー評価:

おはようございます。妻子のある男性と暮らし始めて15年になります。現在2人とも52歳です。離婚するとは聞いていますが、まだできていません。今後、このままの状態で万が一彼が亡くなった場合、私の立場で何か主張できる権利はあったりしますか?生活費は一切もらっていません。内縁にもならないので、何もないのだろうと覚悟はしています。よろしくお願いします。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。まず、その男性と同棲を15年していると言うことですね。相手は、結婚していますが、この場合、ご相談者様とその相手が、客観的に見て夫婦のような形式であれば、重婚であっても重婚的内縁関係が認められる可能性があります。とは言え、それは、内縁関係の解消時に、離婚に準じることが出来ると言うことで、相続の場合は、相続権はありません。そのため、相続をするためには、遺言を作成してもらうことです。遺言があれば、届け出上の奥様とお子様には、遺留分はありますが、全くもらえないと言うことは防げます。遺言、出来ればもめないように、公証役場での公正証書遺言を作成してもらうと良いでしょう。遺言の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されるとスムーズに進むでしょう。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
12392;ても丁寧に教えていただきありがとうございます。年齢を考えながら、離婚が成立しないようなら遺言書の作成も提案してみます。ありがとうございました。

相続・遺言 についての関連する質問