ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 8470
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先程質問しましたが、遺言で遺体引き取りを他人に書いてあったらその人が引き取り葬儀をあげられますか?その後遺族年金は妻で圧

ユーザー評価:

先程質問しましたが、遺言で遺体引き取りを他人に書いてあったらその人が引き取り葬儀をあげられますか?その後遺族年金は妻で圧私がもらえますか。

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。まず、遺言で、ご遺体のお引き取りのことを書くことは、お勧めできません。なぜなら、遺言は、亡くなってすぐに発見されれば、良いですが、遺言に書かれる相続手続きなどは、初七日とか過ぎたあたりで、葬儀などが、希望道理に出来ないで終わることになります。そのようなことを第三者にご依頼する契約書は、「死後事務委任契約」と言う、遺言とは別の物です。遺言は、主に財産に関する処分ですが、死後事務委任契約は、亡くなった後の、葬儀や納骨や親族への連絡等をする人を決めます。もちろん、ご親族でも構いませんし、民事法務専門の行政書士の先生などの終活の専門家のような先生でも構いません。死後事務委任契約をされている専門家を探されると良いでしょう。それと、遺族年金は、遺族の権利ですので、遺言に書く必要はありません。管轄の年金事務所で手続きをするだけで構いません。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問