JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 相続・遺言
満足したユーザー: 5349
経験:  中央大学卒業、行政書士(夫婦・男女問題法務手続き専門遺言作成・相続手続・成年後見制度)、葬祭カウンセラー
61894004
ここに 相続・遺言 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日はありがとうございました。90歳の母のことで大変お世話になりました。

ユーザー評価:

先日はありがとうございました。90歳の母のことで大変お世話になりました。 母と69歳の異母姉の間には養子縁組はありませんでした。 「念のため、遺言は作成してもらった方が良いでしょう。」 との先生からのアドバイスでしたが、どの様な内容、文言をいれたらよいのでしょうか?文面はワープロで作成して署名だけ母の自筆でよいのでしょうか。宜しくお願い致します。

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。遺言に関しては、自筆証書遺言と公正証書遺言が一般的です。自筆証書遺言は、すべてを自分で書かないといけません。ワープロに署名捺印するのは無効です。また、民法に則った形式で書かないと無効で、また、自筆の場合、相続時に家庭裁判所に相続人全員で検認してもらわないといけないので、面倒です。公正証書遺言であれば、お金はかかりますが、公証人が出張もしてくれますので、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼して作成してもらうと良いでしょう。内容的には、単に、ご相談者様にすべての財産を相続させるとすれば良いでしょう。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
26089;速の回答ありがとうございます。内容を 「単に、ご相談者様にすべての財産を相続させるとすれば良いでしょう。」とは、とりあえず全てを私が相続して、その後、同母の兄弟で分与するとゆうことでしょうか?回答よろしくお願いいたします。

細かい設定は、専門家にご依頼された方が良いでしょうが、当方も、たくさんの方の質問を回答しておりまして、前の相談を確認しておりませんが、ご相談者様だけが、相続人の場合の話で、仮に、お母様のご兄弟には、相続権は無いケースですが、あげたいというのであれば、遺言にそのことを書くと良いでしょう。ご相談者様がすべて相続して後であげるのは、贈与になり、贈与税がかかることもあるので注意が必要です。いずれにしても90歳と言う年齢ですから、割と単純な遺言内容が、良いでしょう。例えば、分ける人すべてが、平等に分けるとかでしょうか。

supertontonをはじめその他名の相続・遺言カテゴリの専門家が質問受付中

相続・遺言 についての関連する質問