JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
alto1220に今すぐ質問する
alto1220
alto1220, 二級自動車整備士
カテゴリ: ホンダ
満足したユーザー: 610
経験:  5年間ディーラー勤務後、整備工場を営んでます。
65380514
ここに ホンダ に関する質問を入力してください。
alto1220がオンラインで質問受付中

はじめてこちらに質問させて頂きます。河口と申します。2004年式ホンダストリーム

ユーザー評価:

はじめてこちらに質問させて頂きます。河口と申します。2004年式ホンダストリーム アブソリュート2.0(RN5)に乗っています。PGM-FI警告灯が点灯しっぱなしで、エンジンの回転数が上がらなくガクンガクンとしか低速でしか走行できない状況にあります。発端は昨日、高速を一定速で走行中に、急にグンという鈍い音とともにエンジン回転数が少し下がり、速度が上がらなくなったところからです。
JA: 了解しました。お客様のホンダ車のモデルと年式を教えていただけますか?
Customer: はい。2004年式ホンダストリーム アブソリュート2.0(RN5)です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、自動車整備士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 昨日その状態になった後に、1.5時間ほどエンジンを停止して放置した後に、エンジンをかけゆるゆると走行した時には幸い時速50-60kmまでのスムースな走行を約1時間、約30㎞程度の走行ができました。(警告灯はつきっぱなし)でもその後走行中に上記様に急にまたエンジンがダメになりガクガクして回転数あがらす時速10-20㎞が限界の状態になりました。幸い、そうなったすぐ後で家に着きましたので事なきを得ましたが。  いずれにしても明らかな故障状態ですが、そのような状態で走ったことでエンジンが壊れるような事にはなっていませんでしょうか。

はじめまして。結論から言いますと、そのような状態で走って

もエンジンは壊れたりしません。逆にエンジン保護のためにフェール

セーフが働いてそのような状態になってます。警告灯

が点いた原因は様々です。絞りこみには専用の診断機を車に

接続し、その故障箇所を診断機で読み取るしかありません。

質問者: 返答済み 10 日 前.
19968;昨日御礼のメッセージを入力済みですが、それは届いていませんか? いずれにしても、ご回答ありがとうございました。(なるほどエンジンがガクガクして気筒の点火がおかしいような状況だったので、エンジンの回転が上がらないのは確かにフェールセーフのような機能が働いたのかもしれません。ディーラーに見せに行きます。)

こちらこそありがとうございます。また何かありましたらよろしくお願いいたします。また評価のほうも頂けたら幸いです。

質問者: 返答済み 8 日 前.
20808;日はご回答を有難うございました。続きです。ディーラーの診断の結果、以下の報告を受けました。その診断結果について、質問させてください。
まずDTCのP0087というエラーコードだったようです。車のエラーコードをリセットしてアイドリングをしたところ、すぐPGM-FI警告灯が再点灯したもののエンジンがガクガクする燃焼異常は再現できなかったそうです。この診断としてフーエルプレッシャーセンサー(高圧側と言っていた)の交換(18532円)が必要と言われました。⇒これは仕方がないのでお願いしました。)そこで、もしこのセンサー交換後のチェック後に更に問題があるとすると何が考えられるか?との当方の質問に、ディーラーは、高圧燃料ポンプおよびその駆動カムシャフトの交換が必要かしれなくなるとの返事でした。この場合は21万円相当の修理との話でした。 その修理は恐ろしいですし、それでないことを願うばかりなのですが、>肝心のここでの質問は、そのような高圧燃料ポンプおよび駆動カムシャフト、特に機械系であるカムシャフトの異常のような、機械的な故障も本故障の原因として考えられるでしょうか? やはりそれも可能性としてはあるという専門家の客観的評価なのかどうか教えて頂ければ有り難いです。補足すると、症状として、アイドリングは取りあえず750-800rpm程度で安定しています。調子の良い状態では、エンジンの回転数を上げても2000rpmていどまでスムースに上がり、速度も50-60kmでます。でも一旦不具合状態になると、上記ように回転は上がらず、ガクガクして気筒が死んでいるかのような状況になります。素人目にはこの原因は、制御系の電気的異常で完結しているように思えるのですが、如何なものでしょうか?
尚、エンジン(K20B)は直噴です。ディーラーの説明ではそれ故の固有の燃料制御の異常との印象をうけました。

私の考えとしましては、この故障コードがでた場合、考えられることは、上記のように、燃圧センサーが可能性として一番高いのではないかと思います。燃料ポンプやカムシャフトだった場合、症状は常に発生してることが考えられますので原因として低いのではないかと思います。あと、エラーコードをリセットする前にフリーズフレームデータというものがあります。これはエラーコードが出たときの車の細かなデータが記憶されてるというものです。そのデータである程度まで若しくはどの部分が悪いかを特定することができる大事なデータです。リセットするとそのデータが見れなくなるのですが、それをサービススタッフは確認されたのでしょうか。

alto1220をはじめその他名のホンダカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12372;返事が遅くなりましたが、ご回答を有難うございました。ご回答の内容に了解いたしました。またご質問の、フリーズフレームデータの内容に関しては、ディーラーは何も言っていませんでした。きっと専門家としては当然の事なのだと御見受けしますが、(私は初めて知りましたが)それがどうであったのかについて、機会があれば聞いてみたいと思います。どうも有り難うございました。

ホンダ についての関連する質問