ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DoctorHeartに今すぐ質問する
DoctorHeart
DoctorHeart,
カテゴリ: 消化器内科
満足したユーザー: 10822
経験:  dasdasd
108057004
ここに 消化器内科 に関する質問を入力してください。
DoctorHeartがオンラインで質問受付中

教えてください。

ユーザー評価:

教えてください。中心静脈栄養で、現在1115キロカロリーほど投与されています。ペプタメン。1日に3回実施。体重は40kg以下。経管栄養がうまくいってないこともあり、別の医師から
・カロリーをもう少し入れてみる
・ブドウ糖を少し増やしてみる
・ビーフリード輸液減らしてみる等の案が出ました。
それぞれリスクもあると思いますが、いかか思われますでしょうか。またリスクはかなり高いものになりますでしょうか。

御質問ありがとうございます。

中心静脈栄養で、現在1115キロカロリーほど投与されています。

→カロリーとしては十分だと考えられます。私が主治医なら、今の点滴継続で問題は無いと考えます。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12372;回答ありがとうございます。経管栄養がほぼ吸収できていないために、回復見込みが少ないようです。その対策として、上記のような話がありましたが、中心静脈栄養を調整したとしてもあまり意味がないでしょうか。

中心静脈栄養のみでいくと決めたのであれば、上記のカロリーでも問題は無いと考えます。現在の中心静脈栄養の継続で問題は無いと考えます。

質問者: 返答済み 5 日 前.
12372;回答ありがとうございます。中心静脈栄養で決めたのかどうかは、主治医次第でしょうか?家族へ確定した旨の連絡は受けてはいません。また中心静脈栄養継続を決めるということは、なにを意味しますでしょうか。例えば、在宅は無理、など。

お返事ありがとうございます。

「中心静脈栄養継続を決めるということは、なにを意味しますでしょうか。」
→経管栄養をあきらめるという事ですね。栄養は中心静脈栄養のみで行くことを決めたのかもしれませんね。
これについては主治医に確認をしてみないと判断はできません。

「例えば、在宅は無理、など。」
→中心静脈栄養でも在宅療養は可能ですよ。

DoctorHeartをはじめその他名の消化器内科カテゴリの専門家が質問受付中

消化器内科 についての関連する質問