ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 金融商品取引
満足したユーザー: 5855
経験:  法律 民事、刑事、契約、会社設立など 何か分からなことがありましたらお気軽にご相談ください。よろしくお願いします。
104549551
ここに 金融商品取引 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

つい先日、車を購入しようと思いよく家族と話し合い販売店に行って説明を聞いて無事に注文書に判を押してきたのですが最近さらに

ユーザー評価:

つい先日、車を購入しようと思いよく家族と話し合い販売店に行って説明を聞いて無事に注文書に判を押してきたのですが最近さらに考えてきて本当にこれでいいのかと思い始めてきて納車は来年になるみたいだすしこの世の中の環境的にもよくないんじゃないかと思ってせっかく購入したのですがキャンセルできるのであればさせてもらおうかと思っているんです。実際、注文書の裏には、注文書を作成しても契約まではいってないのでキャンセル可能という記載は書いてあるのですが本当にそうなのか分からなくて相談しました。

お世話になります。

民法上、「契約」は買い主が購入の「申込」をして、売り主がそれを「承諾」することで成立するようになっています。
そのため、契約書の作成は契約が成立するために必要なわけではありません。

また注文書は、契約の申込のための書類です。
契約が成立するためには、買い主が申込し、売り主が承諾する事が必要で、買い主が売り主に対して注文書により契約の申込をして、それに対して売り主が承諾をすれば契約が成立することになります。
つまり、注文書にサインをした時点ではまだ注文書ですが、「ディーラー側が作業に着手等をした時点で注文書は契約書へと変わる」という事です。

車をキャンセルできる条件としては、上記の契約成立前の他、売買契約書に規定がある場合も可能です。
車を購入する際の売買契約書(申込書)に記載されている内容に、契約取り消しに関する規定があった場合、その規定に該当する場合のみキャンセルに対応してくれます。

今回は注文書の裏に、「注文書を作成しても契約まではいってないのでキャンセル可能の旨の記載がある」ということですので、キャンセルしたい場合はその旨を販売会社に伝えてください。

後は大丈夫でしょうか?

質問者: 返答済み 13 日 前.
36820;信遅くなり申し訳ありません。大丈夫です。ありがとうございました。また、何かある時は宜しくお願いいたします。

後は大丈夫でしょうか?

また何かありましたら相談してみてください。

あとこちら評価、質問ページの右上に表示されている5つ星から該当する星を選択して、 [評価する] ボタンをクリックしてもらえますと助かります。
よろしくお願いします。

saitoをはじめその他名の金融商品取引カテゴリの専門家が質問受付中

金融商品取引 についての関連する質問