ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 16565
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

結婚して家を出て行ったまま、3年間断絶となってしまった息子との話し合いを望んで居ます。妻は断絶の前後に浴びせられた数々の

ユーザー評価:

結婚して家を出て行ったまま、3年間断絶となってしまった息子との話し合いを望んで居ます。妻は断絶の前後に浴びせられた数々の冒涜を引きづりメンタルを病んでしまったまま、最近、病状が悪化して来ています。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 修復を前提とはしたいですが、少なくとも今の理不尽な状況から、直接会話を試みたいです。 場所は東京です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: かなり多いですがどうしましょうか?

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合はお気になさらないでください)

まずは書面にて、対話を申し込んでみてはいかがでしょうか。

ただ、それでも息子様が応じない場合、家庭裁判所での調停で話し合ってみてはいかがでしょうか。

裁判所には親族間の問題を協議する『親族関係調整調停』というものがあります。
調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、協議を行えます。
また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。
加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。
ぜひ、ご一考ください。

親族関係調整調停(裁判所)
https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_06/index.html

ito-gyoseiをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
35519;停を考えたのですが、本人の同意が無いと成立しないと認識しています。本人が配偶者の強いマインドコントロール下にあると見られています。ある程度強制力を持って座らせるにはどうでしょうか。

ご返信、ありがとうございます。

ですが、犯罪行為を犯した訳でもない者を強制力を以て対話を行わせる法律はありません。

唯一あるのならば奥様の診断書を取り付け、精神的損害を与えたとして慰謝料請求を行い、その交渉とするという方法もあるのですが、親子間の対話にはそぐわず、むしろご相談者様の意に反する気もします。

まずは書面で対話を望む旨をお伝えしてみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12354;りがとうございました。
書面では罵詈雑言が返って来たのが数度。悩ましいです。
質問者: 返答済み 7 日 前.
24944;謝料請求には診断書必要ですか?疎明資料としてでしょうが。

そうでしたか。

ご心痛、重ねてお見舞い申し上げます。

交通事故で受傷した時もそうですが症状と原因の因果関係を示すためには必須となります。

質問者: 返答済み 7 日 前.
30456;続排除の手続きをするとひっぱり出せるでしょうか?あっさり認めてしまえば意味ないのかも知れませんが。

これも難しいです。

おっしゃる通り認めてしまえば争いにもなりません。

弁護士へ代理人交渉を依頼するのも宜しいかと。

「親子問題・弁護士」などのワードで検索すれば、お住いの地域でこのような案件を得意となさっている弁護士の事務所や先生のホームページが表示されるかと。

その中から信頼できそう、実績がありそうなところ“複数へ”、まずはメールや電話で、料金面も含めて問い合わせなさることをお勧めします。

(大変申し訳ありません、当サイトは質問サイトであり、直接の案件受任及び専門家の紹介を行っておりません。悪しからずご了承ください。)

質問者: 返答済み 7 日 前.
12354;りがとうございました

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

また何かありましたらお声掛けください。

ご質問の新規投稿の際に回答者としてご指名を頂くか、質問タイトルに『ito-gyosei宛』とご記載頂けば、引き続き小職がご対応させて頂きます。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問