ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
山本弁護士に今すぐ質問する
山本弁護士
山本弁護士,
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 343
経験:  Expert
115060218
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
山本弁護士がオンラインで質問受付中

離婚するのですが自分(母親)の病気もあったりと子供を養っていくということが今不可能なので夫に親権を渡そうと思っています。

ユーザー評価:

離婚するのですが自分(母親)の病気もあったりと子供を養っていくということが今不可能なので夫に親権を渡そうと思っています。ただ病気が良くなり生活も安定した時子供を引き取る事は可能でしょうか。そして兄妹別にできるのでしょうか。夫婦間では話し合いをしてそれでもいいと了承を得ています
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 高知県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 円満に離婚する+娘が小学校に上がる前(現在2歳)に引き取りたいと思っています。(夫は了承済み)
弁護士の山本です。いったん親権者を定めると、それを変更するためには家庭裁判所に親権者変更審判の申立てをして許可の決定を受ける必要があります。
その際に、元夫との間で元々こういう合意があるということを証する合意書があれば、許可決定を受けやすくなります。
夫が気変わりして親権をやはり渡さないと言われることとなり、かつ、合意書がないと、親権者変更は困難です。
そのため、きちんとした合意書を作成しておくべきです。きょうだいの分離について裁判所的には望ましくないとはされていますが、両親双方の合意があり、引き取る側の環境に問題がなければ認められるでしょう。
山本弁護士をはじめその他2 名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問