ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 10113
経験:  平成14年に行政書士登録。夫婦・男女問題、離婚など法務手続を専門。また遺言作成・相続手続・成年後見制度にも精通。
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚後、貸しているお金の返済と養育費の支払いを同時に行ってもらう場合、支払い能力によって、養育費の金額は変わるのでしょう

ユーザー評価:

離婚後、貸しているお金の返済と養育費の支払いを同時に行ってもらう場合、支払い能力によって、養育費の金額は変わるのでしょうか。借金返済と養育費は切り離して考えることができるのでしょうか。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは、大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、借金返済と養育費は、別の問題となります。

養育費に関しては、前年度の双方の収入とお子様の人数と年齢で、家庭裁判所に算定表があるので、それが目安になります。

借金返済と養育費の支払を一緒の離婚協議書にまとめることは可能です。

離婚協議書は、公正証書にされると、未払いが、あれば、強制執行が出来て、安全でしょう。

もめる場合は、家庭裁判所の調停を申し立てるのも手です。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
20998;かりやすくご説明くださり、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございます。また、何かございましたら、お気軽にご相談されて下さい。よろしくお願いいたします。このコメント対する返信はご不要です。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問