ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 1515
経験:  弁護士会法律相談センター相談担当者(一般・家事・高齢者・新規登録弁護士指導)、弁護士会中小企業センター相談担当者、商工会議所専門相談員、法テラス契約弁護士
108532725
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

私文書か公正証書の違いはなんですか?

ユーザー評価:

私文書か公正証書の違いはなんですか?

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

私文書は、私人が作成した文書です。

この場合の私人は、主に、公務員でない者を意味することが多いです。

公正証書は、公証役場で、公証人が作成する書面です。

両者の違いは、作成者の違い、そしてそのことから、訴訟になった場合の証明としての価値が公正証書の方が圧倒的に高いことが挙げられます。

公正証書は偽造だと争われたり、作成時に意思能力がなかったと争われても、なかなか裁判所は認めません(公証人はほとんどが元裁判官や検事、法律職の公務員です)。

これで頂いたご質問にお答えできていますでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

弁護士のエイティをはじめその他2 名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
24321;護士を通して作成された合意書は公証書になりますでしょうか?

あくまで公正証書は、公証人が、公証役場にて作るものです。他の文書が公正証書になるわけではありません。

ただ、弁護士にご依頼になり、弁護士がご事情を伺って、公正証書の案を作成し、公証人と交渉しつつ内容を確定させ、公証役場に同行して、公正証書の作成に立ち会うことは可能です。

高いご評価をいただき、ありがとうございました。

また何かございましたら、ご相談下さい。

新しいご質問をお立てになる際、ご質問内容の冒頭に「弁護士のエイティから回答希望」とお書き頂ければ、当職が対応できるかと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問