ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 9265
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚して2年以内に、別れた相手から財産分与の請求がされると、貯金の半分を持って行かれると言う話をテレビで見たんですけど、

ユーザー評価:

離婚して2年以内に、別れた相手から財産分与の請求がされると、貯金の半分を持って行かれると言う話をテレビで見たんですけど、本当ですか?夫から離婚訴訟を起こされました。現在無職になった夫は慰謝料を要求して困っています。慰謝料請求は、はね返すつもりでいますが、離婚に応じないならと次から次へと金銭要求されそうで先が恐ろしいのです。まったく濡れ衣を着せられて、反訴するか悩んでいるのですが、和解としてゼロ慰謝料で離婚に応じてはどうかと提案されたのです。でも和解をして離婚したとしても、2年以内に相手が私の貯金を奪いにくるって怖いですよね。モラハラ、DVなど離婚原因はあっち側にあるのですが。ですので、和解の時に財産分与はしない、とか取り決めないといけませんか。

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。まず、一部分の情報が、全体に広がっているような誤った伝わり方をしているようです。離婚した場合、財産分与の請求は、離婚から、2年以内にしないといけないと言うのがあります。その場合の財産分与は、婚姻期間中に形成された財産で、名義がどちらでも半分と言うのはあります。ただし、結婚前の財産や親族から相続や贈与によるものは、固有の財産として、財産分与に含まれません。また、慰謝料は、離婚して3年以内に請求しないといけません。ただ、これらの離婚条件は、離婚協議書として決めて、精算条項と言う、これ以外に双方に債権債務はありませんと言うのを付ければ、もう請求等は出来ないのです。もめる場合は、家庭裁判所の調停を申し立ても、調停調書と言うのが作られます。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございます。慰謝料請求、損害賠償請求も3年以内で同じですか?
それでは和解の時に離婚協議書というのを締結するんでしょうね。

離婚協議書で、それも公正証書にしておくと安全です。もめる場合は、家庭裁判所の調停を申し立てます。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
35009;判してもめてさらに調停を申し立てても大丈夫なんですね。大変参考になりました。

また、何かございましたら、お気軽にご相談されて下さい。よろしくお願いいたします。このコメント対する返信はご不要です。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問