ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2737
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

回答ありがとうございます。

ユーザー評価:

回答ありがとうございます。
色々と揉めまして、男性側はその子供(10ヶ月)を引き取りたいと思っております。(男性は1年ほど前に元配偶者との離婚調停で離婚、親権は元配偶者。)
女性は事実婚の男性に対する暴力は頻繁に行っています。男性はアルコールが入ると暴言は吐きますが、暴力はありません。
女性の連れ子もストレスを抱え学校へ行かない時期もありましたが、最近はちょこちょこ行くようになりました。これからの子供たちの未来のために落とし所がわからないです。知恵を頂ければ嬉しいです。
質問ありがとうございます。
男性はその事実婚状態の子供を引き取りたいと思っている、とありますが認知していますか?そして、お互いは今後どうしたいと思っていますか?
質問者: 返答済み 6 日 前.
22238;答ありがとうございます。
認知しております。
あと、男性は別に住所がありますが、ほとんど同棲しています。
男性はこのまま交際を継続希望で、女性は別れ希望で手切れ金も用意したみたいです。
事実婚の場合でも裁判で争えば親権を得ることは可能です。したがってどうしても別れると相手が譲らない場合は親権を得るために争うことができるでしょう。
また、事実婚の場合でも離婚と同じように慰謝料を請求できます。暴力を振るわれていたということなので、それに対する慰謝料を払わなければ事実婚の解消に応じなければいいです。男性が別れたくなければ慰謝料の金額を多く請求してしまえばいいでしょう。
事実婚状態を継続したいのであれば、相手を説得するしかありません。こればかりは法律で強制することはできませんので。
質問者: 返答済み 6 日 前.
22238;答ありがとうございます。
大変参考になりました。
もう1つお聞きしたいのですが、生活保護下にも関わらず援助を受けたとして脅すというか詐欺を仄めかすのは良い行動とは言えないですかね?
男性はお酒を飲んで暴言を吐き、警察沙汰に発展し「禁酒」的な念書を書いた後、再度お酒を飲んだ際女性に暴れられることがあったり、女性の親族が包丁を持って玄関先まで来たりしたそうです。
先日は女性の親族からの電話で「男性が酒を飲んで包丁を振り回している」と言われ男性に確認したところ、そのような事実はないとのことです。男性は嘘をつくような方ではないので、どうにか力になりたくて

>生活保護下にも関わらず援助を受けたとして脅すというか詐欺を仄めかすのは良い行動とは言えないですかね?

→それはあまり勧められません。脅迫になりますし、そうすることで良い家庭環境になるとも思えません。

shihoushoshikunをはじめその他3 名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12391;すよね。ありがとうございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問