ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 1296
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

長女が児童相談所の心理士との面談の際、児相の担当者と心理士は、心理士と長女だけの面談になると両親に伝えましたが、実際には

質問者の質問

長女が児童相談所の心理士との面談の際、児相の担当者と心理士は、心理士と長女だけの面談になると両親に伝えましたが、実際には担当者を含む4人の大人が同席していました。児相の対応に関する法規制はございますか。
投稿: 12 日 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  koutouji 返答済み 11 日 前.

面談の方法については法的な規制はないでしょう。

児相側の裁量によるでしょう。

ただし、当初の話と違ったことについては、理由を尋ねるといいと思います。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12362;返事ありがとうございます。理由を尋ねたところ、心理士が誤解をしたと説明がありました。結論的にはセラピーという名目の面談でした。児相の裁量で親に虚偽の説明をできるということでしょうか。
専門家:  koutouji 返答済み 11 日 前.

心理士と児相担当者との間に齟齬があったようですが、同席の場で、すぐにわからなかったのですかね。

また、虚偽の説明とまでは言えないでしょう。

重要なのは、それによって、なんらかの損害が生じたか、生じなかったかですね。

質問者: 返答済み 11 日 前.
25285;当者も心理士も同席するのは心理士のみと言っていましたので、口裏を合わせたが、バレてしまった状況です。
質問者: 返答済み 11 日 前.
20663;害とは児相との連携が取れず信頼関係が築けない点です。複数の上記のような例があり、一件を引越し先に移管してほしとおねがいしています。
専門家:  koutouji 返答済み 11 日 前.

所長宛てに、改善要望書のような書面を作成して、回答を求めるといいでしょう。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問