ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 5913
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

夫のアルコール依存、生活力のなさ、過去の暴力等々で、何度も修復を試みましたが、向こうから離婚を持ち出され、逆に私の生活を

ユーザー評価:

夫のアルコール依存、生活力のなさ、過去の暴力等々で、何度も修復を試みましたが、向こうから離婚を持ち出され、逆に私の生活をめちゃめちゃにしてやる、のような脅迫をしてきます。過去に離婚届をこちらがサインして出したこともありますが、外国人のために通訳なしで弁護士も入らずにサインできるか、と破られました。アメリカ育ちなので、離婚には必ず弁護士が入るもの、と思っている様です。 また、結婚8年間の間、通して夫には十分な収入がなく家にお金を入れたことはなく、今の家も光熱費、二人の携帯代金まで全て私が支払っています。 夫のわずかな収入は、ビールとタバコに消えます。アル中なので、記憶や言っていることがめちゃめちゃで話し合いにもなりません。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: できれば修復して幸せになりたいとずっと思ってきましたが、毎日のようにモラハラのような状態、今日などは洗剤の入ったスプレーを顔にかけられるなど、私の精神も限界にきており、もうだめかと思っています。本来ならば過去の不倫なども含めてこちらが慰謝料を貰いたいくらいですが、向こうに生活力がない場合、私はなんらかの補償のお金を相手に払うことになるのか? その辺りが心配です。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。

ご心痛なご様子、お見舞い申し上げます。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

お話をお伺いする限り、当事者同士での離婚協議は難しいかと思量します。

現在は、ご夫婦のみで離婚協議を行っている状況でしょうか。
もしそうであれば、家庭裁判所での家事調停で協議をなさることをお勧めします。
調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。
その場で財産分与や、子供が居れば親権や養育費、婚姻費用(離婚成立までの妻子の生活費)など、離婚に関する全ての事項を協議することができます。
また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。
加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

裁判所を通じたきちんとした手続きであれば、ご主人様も納得頂けるかと。

また、ご主人様に生活力が無いからといって、離婚し際してご相談者様がお金を支払い相手方の今後の生活まで支える必要はありません。
ぜひ、ご一考ください。

夫婦関係調整調停(離婚)
https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html
離婚調停の流れ
https://rikon.authense.jp/arbitration/model.html

質問者: 返答済み 10 日 前.
22827;はアルコールが入ると性格がとても悪くなるので、過去にはDVもひどく、私は何回も肋骨にひびが入ったり、顔や腕にあざを作ったりしており、警察を呼んだこともあります。その都度、警察の方には被害届を出すように勧められましたが、将来のことや、日本での滞在許可のことを考えると踏みとどまってきました。しかし去年9月に、路上でぶたれたことを機に、とうとう被害届を出し、逮捕されてしまいました。過去のDV歴のせいで、延長して勾留されているうちに、かわいそうになってきて上申書を2回だし、釈放してもらいました。その後は断酒していましたが、また最近飲み始めてしまいました。  調停は何度も考えていたのですが、通訳などはどうしたらよいのでしょうか? 私が手配する必要はないと理解していますが、私が調停リクエストをする、呼ばれる、しかしながら彼は日本語がまったくわからない・・・通訳をつけるお金もない、となった場合はどうなるのでしょう?

ご返信、ありがとうございます。

日本語がわからない方を相手に調停や裁判を行うことも可能です。

ただし日本の裁判所では、日本語を使用するので、外国語を話す場合、外国人側が自らの負担で通訳を付ける必要があります。

外国語の書面を提出する場合は、訳文を添付します。
調停においては、東京や横浜など限られた家庭裁判所には英語が話せる調停委員がいますが、どの程度堪能か、法律的な説明が英語で可能かなどについては特に配慮はありません。
相手方が通訳人を付けない・通訳料を負担しない等の理由で調停や裁判手続が滞ってしまう場合、裁判所が申立人(原告)に対し、通訳料の負担を求めることがあります。

または、申立書や訴状に英訳文の添付を求められることもあります。

これらは、明らかに不当な要求なのですが、手続きを進めるため申立人(原告)がやむを得ず通訳料を負担することもあり得ない選択肢ではないと思量します。

質問者: 返答済み 10 日 前.
35519;停用紙には、金銭的な条件をつけるところがありますが、私がリクエストするものは何もなく、逆に向こうから年金分割や私が購入した持ち家、貯金などの財産分与を要求されるのは勘弁してほしい、と思っています。 調停用紙の金銭部分は白紙でもよいものでしょうか? 私は再婚なので夫との間に子供はおらず、年齢は私が56歳、夫59歳です。 夫は結婚生活で金銭的な貢献はゼロ、洗濯や洗い物くらいはしますが、食事を作るのも3分の2以上は私です。なので、共同で作り上げた財産はゼロ、という認識です。むしろ、彼の嘘や投資の失敗などで200万円以上、私がヘルプしたこともあります。 いざというときのために不倫やDVの過去の日記などは全て付けています。 調停の理由はアルコール依存で改善させる意思がないこと、何かというと、私の方がDVだとか、Verbal Abuseだとか言い始めて被害者ぶること、精神的な病気だと思って今まで我慢してきたけれども、もうこれ以上私の精神が耐えられないと思うことです。
質問者: 返答済み 10 日 前.
36890;訳に関してはわかりました。ありがとうございます。
どうしても進まなければ費用をこちらが払うことになることもあるということですね・・・

大変なご生活をなさっていたご様子、ご心痛、お見舞い申し上げます。

ただ、ご質問に頂いたような内容を全て清算・決着するために調停という制度が存在します。

「調停用紙の金銭部分は白紙でもよいものでしょうか?」

これでは解決に至りません。

これもできるだけ細部に至るまで協議なさるのが望ましいかと。

「どうしても進まなければ費用をこちらが払うことになることもあるということですね・・・」

支払いの義務はありません。

ただ、少しでも早く、また、きちんと決着をつけるためにはそのような選択肢もある、とお考え頂ければ、と。

酷な言い方になりますが、今のままの生活でよければ、そんなことまでする必要はない、ということになります。

(極論です。お気を悪くなさらずに。)

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。 まず調停用紙を出すときに、こちらは何も要求していない場合でも、なんらかの財産分与の提案をしなければならないということでしょうか?
すみません、そこがわからないのです・・・

いいえ、細部は調停での協議ということで構いません。

まずは離婚が目的であるということ。

それに向け、双方は細かい部分を話し合う、というスタンスです。

また、相手方は必ず通訳を付けずとも、自分の主張を書面に記し、それをグーグルなどの翻訳アプリで和訳した書面を調停員に提出するという方法も可能です。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12431;かりました。調停用紙の書き方などは、わからない部分は提出する際に窓口でお伺いすればよいですね。 とりあえず、今日のところは大丈夫です。ご親切に対応いただきありがとうございました。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

申し立て用紙の記入方法などは、裁判所で電話でも教えてくれます。

むしろ気負わずにお問い合わせなさってみてください。

今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他3 名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問