ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4194
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

夫婦で、お互いに離婚理由を作った場合 さきに悪さをした方が離婚したいといってもむり。でよいですか?

ユーザー評価:

夫婦で、お互いに離婚理由を作った場合
さきに悪さをした方が離婚したいといってもむり。でよいですか?

原則として、離婚は請求する側が有責配偶者(離婚原因を作った者)だった場合、認められないことになっています。

夫婦の双方が有責配偶者だった場合は、離婚原因の割合が小さい側ほど、離婚請求が認められやすくなっています。

例えば夫婦がどちらも不貞行為に及んでいたとなれば、最初にした側のほうがより大きな責任があると判断されます(もちろん事情次第で例外もあります)。

ですが、責任が大きい側からの離婚請求は認められないのかといえばそういう訳でもなく、例え責任が大きかったとしても、離婚が認められる可能性が低くなるだけで、まったく離婚が認められないわけではありません。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12373;らに三年別居している。
悪さが少ない方が離婚しないと言いはってる。 この場合はどうですか?

ご返信、ありがとうございます。

「悪さ」の内容が不明なため断定はしかねますが、3年の別居は事実上の婚姻関係の破綻とも捉えられ、離婚理由に該当すると思量します(訴訟において認められるのは5年以上です)。

質問者: 返答済み 4 日 前.
35380;訟では5年で、何だと認められるかんじですか?
質問者: 返答済み 4 日 前.
38626;婚理由として該当するけど訴訟なら認められないでよいですか?
矛盾があるきがします。

離婚協議が整わず、訴訟で離婚するか否かの判断をする場合、完全に夫婦関係が破綻していると裁判所が認定するのが、別居期間5年以上ということです。

もっとも離婚訴訟は離婚事案全体の1割程度、それも親権や財産分与を争う場合です。

「離婚理由として該当する」

残りの9割で、双方の協議や調停・審判で離婚する際です。

因みに訴訟で認められる離婚理由は、

  • 浮気・不倫(不貞行為)
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

の5つです。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございました!

こちらこそご質問、ありがとうございました。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問