ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 8636
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

途中で送信になってしまい、申し訳ありません。もう一度最初からやり直します。

ユーザー評価:

途中で送信になってしまい、申し訳ありません。もう一度最初からやり直します。財産分与の件でお尋ねします。現在私は70歳、妻は68歳です。
21年前に再婚し、妻は15年前に始めた花店(資金は全て私が出資)を現在も経営しており、私は12年前に公務員を退職して以来その手伝いをし現在に至っておりますが、毎年の確定申告においては、残念ながら所得税が支払えるほどの収入がないのが実態です。
ところが、この度私の不実が発覚し、妻から離婚した上で財産分与をしてほしい旨の強い要求がありました。私の不実とは、妻名義の預金を勝手てに全て引き出した上、投資に使い、その全てを失ってしまったことです。
私の現在の資産は、固定資産(宅地・建物・農地)のみで現金はほとんどありません。
この固定資産の内、居宅は再婚と同時に私が建てたものであり、その他の資産は、6年前母から相続したことにより取得したものです。
再婚した当時、私は公務員で妻は無職でした。退職する3年前から妻は花店を始めましたが、その当時の花店は赤字続きで、生活費から補填しなければならない状況が続いており、退職するまでの9年間は全て私の給与等で生活していたのが実状です。
退職した当時約3000万円の退職金(約35年勤続)を受け取りました。一応妻の了解を得たものの、結果として妻には渡さず、その殆どを海外及び国内での投資に廻しましたが、これもその後の約10年間で失敗し殆どを失いました。
退職後の生活費は、私の年金(月額約15万円)と私名義の預金の取り崩し(毎月約10~15万円)で殆どを賄っていました。
妻の年金は一切使っておりません。
この度、私が妻の預金を勝手に使い込んだ金額は約800万円で、許されざる行為であることは承知しています。
このような状況で妻より離婚と財産分与を要求された場合、その対象となるのはどのようなもので、金額としてはおよそ幾らぐらいになるのか教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、離婚の財産分与においては、婚姻期間中に形成された財産で名義がどちらでも、夫婦の共有財産となります。

基本的には、その折半です。

今回のケースでは、奥様の財産を使い込みしているので、それは、財産分与では無く、不当利得返還請求と言う事になります。

ただし、婚姻中に形成した財産であれば、半分は、ご相談者様のものともいえますので、半分の400万円を返還することになります。

それと、財産分与は、婚姻前の固有の財産や相続や贈与によるものは含みません。

いずれにして、離婚協議書を、出来れば、公正証書で作成して、きちんと清算しておいた方が、良いでしょう。

また、もめる場合は、家庭裁判所の離婚調停を申し立てることになります。

離婚協議書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されるとスムーズに進むでしょう。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございました。
もう少し分からない点がありますので教えてください。
まず、私の3000万円の退職金ですが、これは婚姻期間を考慮するものなのか、婚姻期間に関係なく折半なのか教えてください。また、受け取る権利のある退職金も、その後の互いの生活に必要な金額がある場合は本来折半し出し合うべきものと考えますがいかがでしょうか?
それから、互いに受け取っている年金については、婚姻期間中に形成した共有財産とみなしていいのでしょうか?
というのも、今日までの生活費については、私の年金は全額生活費として使い、妻の年金は一切使わずそのまま貯蓄されています。本来は互いの年金も折半するべきものと思いますがいかがでしょうか?

お返事ありがとうございます。退職金も婚姻期間中の部分だけを、折半します。例えば、25年働いて退職する場合、婚姻期間が、5年なら、25年の内の5年分だけを折半する感じです。年金収入の財産分与も、年金そのものと言うよりも、現時点で、双方で残っている預貯金が、名義がどちらでも、折半する考え方です。もちろん、離婚は民事ですから、双方が合意すれば、自由に条件を決めて分けることは構いません。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12424;くわかりました。ありがとうございました。

アドバイスが、少しでもお役に立ちましたら、評価をしていただけると助かります。星印のところです。お手数ですがよろしくお願いいたします。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問