ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2094
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

養育費について、再度質問です。 先日相場が6~8万とうかがいましたが、

ユーザー評価:

養育費について、再度質問です。
先日相場が6~8万とうかがいましたが、
こちらに嫁がいるという事は、勘案されないのでしょうか?
される場合は、相場はいくらになりますでしょうか?

新投稿にてご指名ありがとうございます。基本的には、されないのです。今回のような場合は異例ではあるのですが、考慮されるとしたらお子様がお生まれになったときです。配偶者が考慮されて減額になるということは通常ありません。

質問者: 返答済み 17 日 前.
25206;養家族を指数として、扶養だからされると、いう記録も見たのですが、されないのでしょうか?

昨日はシステムエラーのため、返信ができずに申し訳ありませんでした。遅くなりましたが返信させていただきます。扶養家族が考慮される場合というのは通常、養育費等の支払いをすることで支払い義務者の方には扶養家族がいるので最低限の生活が危うくなるような状態の場合などです。例えが奥様には収入がなく、ご主人の収入だけで生活しているが、相場では養育費は4万円だが、月収にすると手取り25万円程度なので、生活ができないような状態になってしまうような場合は考慮されます。今回は初めから奥様がいる状況ということですし、収入が高いため、扶養配偶者がいることで減額が認められる可能性は非常に少ないかと思います。今後お子様ができた時には、未来のことですので、その時には減額請求をして認められる可能性は高いです。

low-counselorをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12394;るほど。理解しました。ありがとうございました

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問