ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2964
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

はじめまして。

ユーザー評価:

はじめまして。
JA: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか?
Customer: 不貞行為相手の配偶者から慰謝料を請求する旨の通知書が届きました。慰謝料なし、もしくは減額をしたいと考えております。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 千葉県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 相手方より名誉毀損を受けましたこと、婚姻関係が破綻していると聞いていたので、請求額が妥当ではないと感じています。そちらだけお伝えしておきたいです。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

不貞行為相手の配偶者から慰謝料請求を受けたが、名誉棄損を受け、かつ、既に婚姻関係は破綻していると聞かされていたとのこと。

差し支えのない範囲で構いませんので、このメールに返信する形で詳細をお聞かせ頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;返信ありがとうございます。
不貞行為が原因で、相手方奥様がご依頼された弁護士事務所より300万円の慰謝料を払うよう通知書が届きました。
内容としては、
相手とどういう経緯があったのかは別として、通知人との関係において私は加害者であるとの旨
不貞行為により、平穏だった婚姻関係が破壊された旨が記載されておりました。・依頼人にはSNSを通して、私が不倫していた件を実名付きで言いふらされました。・相手には、関係に及ぶ前より婚姻関係が破綻しており離婚手続きを進めていると言われておりました。奥様のSNSを見ると、私と相手が出会う1年ほど前より旦那の悪口を書いている様子が見受けられます。・LINE等でやり取りは行っていたものの実際に相手と関係に及んだのは2回です。自業自得ではありますが、
このため、慰謝料300万円が妥当ではないと感じ質問させていただきました。

ご返信、ありがとうございます。

ご心痛なご様子、お見舞い申し上げます。

・依頼人にはSNSを通して、私が不倫していた件を実名付きで言いふらされました。
この行為に関しては、おっしゃる通り、名誉棄損に該当する可能性があります。

刑法では、名誉毀損の成立要件は、以下のように定められています。

第一項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

第二項:死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

上記の法律文をわかりやすく要約すると、以下の3つの要件を満たす場合に、名誉毀損が成立します。

・社会的評価を下げる可能性がある

・具体的な事実を挙げている

・公然の場である

つまりは、仮に事実を言ったのだとしても名誉棄損には該当しますし、広く世間一般に公表する意味合いを持って『公然』と言え、今の時代、ネットやSNSで拡散することは“当然に”公然に知らしめた行為と認められます。

・相手には、関係に及ぶ前より婚姻関係が破綻しており離婚手続きを進めていると言われておりました。奥様のSNSを見ると、私と相手が出会う1年ほど前より旦那の悪口を書いている様子が見受けられます。

ご自身は、「相手男性から既に夫婦関係は破綻していると聞かされていたゆえ、行為に及んだ(書き方がストレートでごめんなさい)。ゆえに、不貞行為とはとらえていない」とご主張して宜しいかと存じます。

・LINE等でやり取りは行っていたものの実際に相手と関係に及んだのは2回です。

長期間に渡り、かつ、頻繁に関係していた訳ではないというのは慰謝料減額の要素になり得ますが、その前に、まずは上記理由に基づき『不貞行為を持った不倫関係』を否定するのが最良かと思量します。

尚、不貞行為の慰謝料相場は、10年以上婚姻関係を続けていた夫婦が不貞行為により離婚に至った場合で200~300万円程度です。

相手方弁護士は、いわゆる「吹っ掛けてくる」のは通常のことです。

ご自身としては、不貞行為としての認識はなく、慰謝料請求に応じるつもりはない、加えて、名誉棄損行為に対しての謝罪と慰謝料と慰謝料を求めたいと、相手方弁護士へ通告しても宜しいかと存じます。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;丁寧な回答をいただきましてありがとうございました。とても参考になりました。
今後も何かありましたら相談させていただきます。よろしくお願い致します。

とんでもありません。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

この件で一番に推したいのは、「既に夫婦関係は破綻していると聞かされていたゆえ、不貞行為をしたという認識はない」

という点です。

ぜひここを強く主張なさってください。

加えて、もし相手奥様から誹謗中傷行為が続いていたら、相手弁護士に、止めさせるように警告してください。

尚、当サイトは『一問一答式の質問サイト』ですが、トライアル会員期間7日間は、最初の500円でサイトトップページから何回も質問の新規投稿が可能です。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとっていい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12363;しこまりました。
心強いコメントありがとうございます。少し気持ちが楽になった気がします。弁護士に相談等検討させていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問